Photo Gallery

友人とクリスマス兼お互いの誕生日祝い。

入口。
入口。ウェイティングバーもあります。

クリスマスのイルミネーション。
外には光るクリスマスツリーが!

クラシック コスモポリタン。
クラシック コスモポリタン。
(クランベリーがベースのカクテル。ブルーベリーがベースのブルーベリー コスモポリタンもあります。)


シーザーサラダ。
シーザーサラダ。
(葉っぱに雪のようにチーズがかけられています。)

芋のスープ。
芋のスープ。

シャンパン!
シャンパン!
(ヴーヴクリコ イエローラベル)


鮮魚のグリル。
鮮魚のグリル。

デザート。
デザート。

みらい翻訳さんが、辞書登録や翻訳モデル追加学習可能なNMTサービス「Mirai Translator」について、
プレスリリースを出されています。
https://miraitranslate.com/uploads/2017/12/befdfe2e9eca64235a2042cd9f50a3db.pdf

プレスリリースによりますと、
辞書登録が可能なようです。
(そいや、翻訳祭でコングレ・グローバルコミュニケーションズさんがブースで展示されていた「CGCAT」でも、用語登録できたような・・・←うろ覚え)
NMTは用語がカスタマイズできないという先入観がありましたが、
用語対応できるNMTサービスも出てきているようですね。
ただし、実際に使ったことがないので、どの程度実務に使えるのかについてはまだわかりませんが・・・

ちなみにオプションで対訳データを追加してNMTを追加学習させたり、
専用サーバーにしてセキュリティを強化したりもできるようです。

みらい翻訳さんは、翻訳センターさんからも出資受けてるし、
これからますます実用的なNMTエンジンの開発が加速するかな?

街のお店は、もうクリスマス一色ですね。

クリスマスデート☆

今年したことを書こうと思いますが、色々あり過ぎて書き切れないので、
大きな出来事や、初めてやったことだけ書きますね。

①IJET-29大阪の実行委員 (ボランティア)になった
②MT業界の方々と交流した(プログラミングの勉強を始めた、MT勉強会・MT Summitに参加した)
③学会に2つ参加した(MT Summit、CiRAシンポジウム)
求人出した
⑤翻訳祭のミニ講演会で講演した

来年はNMTエンジンをもっとゴリゴリ開発します☆(´^ω^`)

来年6月~7月に大阪で開催されるIJET-29大阪につきまして、
現在、ゴールドスポンサー(15万)に4枠シルバースポンサー(8万円)に3枠、お申込みをいただいております。
お申込みいただきました会社様、個人様、誠にありがとうございます♡

おかげさまで、ゴールドスポンサー(15万)の枠は残り2枠となりました!
(ゴールドスポンサーは、IJET-29大阪への無料招待が1名様分付きますので、お得です。)
お申し込みはお早めに!
https://ijet.jat.org/ja/sponsors

ゴールドよりもさらに特典が付くスーパープラチナムプラチナムもございます。
詳細は、ijet-29@jat.orgまでお問い合わせください。

よろしくお願いいたします。

IJET-29大阪実行委員会
広報・スポンサー担当
三浦 由起子

翻訳祭後のバタバタがようやく終わりそうなローズ三浦です。

久しぶりに英訳のご依頼がきて、
ここ最近ずっと和訳ばっかりだったのでテンパりましたw


さて、翻訳祭のミニ講演会は自分のセミナーの練習&様子見も兼ねていたのだけど(テーマは全然違うが)、
ミニ講演会自体は評判は上々だったものの(公開したスライドも、現時点で200 viewsを超えているし)、
準備に時間がかかり過ぎて明らかに割りが合わないことがわかったので(たった10分間の準備に3日かかったwww)、
自分のセミナーを開催するかどうかは『保留』とします。

さて、今度は出版の構想(妄想)中。

--------------------------------
『AI時代の翻訳者の生存戦略』(仮題)

【要旨】JTF翻訳祭2017のミニ講演会で好評を博したローズ三浦による著書。
ミニ講演会よりもさらに深くNMTエンジンの技術に切り込み、それにより得た洞察とNMTの改善について具体的に提言する。
また、自身で開発中のNMTエンジン・Erikaについても言及する。そして、Erikaの父親は誰か?
翻訳者であり、『ランゲージ・エバンジェリスト』でもある著者の言葉は、翻訳業界・MT業界の両業界にとって福音となるか。
来るべきシンギュラリティに備える渾身の一冊。
--------------------------------

表紙案

帯案

・・・・・

自分で書いておきながら大口叩きすぎだろと思いました。
(つーか、ほぼ虚言

未定ですが、出版するとすれば、
ハードカバー:1500円+税、
Kindle:1000円+税

くらいの値段設定にする予定。

買ってもいいよという人は「拍手ボタン」を押してね!
(ていうか、この内容でKindleで1000円+税なら『買い』じゃね?)

まぁ、例え出版するとしても題は変えるかな。
(落合陽一氏の『超AI時代の生存戦略』のパクリなのでw)

WHAT'S NEW?