Photo Gallery

緊急案件が終わりました。
初めての会社さんでしたが、緊急だからかレートが高く、半分前払いもしていただけました。
いつもこのレートなら、人間翻訳者もまだまだ悪くないのになw

最近忙しかったので、疲労困憊です。
エステにでも行こうかな。
癒し。


さて、最近やたらAI、AIと書いておりますが、
誤解のないように申し上げておきますが、
人間の翻訳者を決して軽んじているわけではないです。
(レベルの高い翻訳者さんは、心から尊敬しておりますし、
自分もそうなりたいと思っています。)

人間翻訳者の利点は、“イメージを伝えられること”だと思います。

なぜなら、現状では、AIは法則や数式によって動かされているので、
逆に言えば、法則や数式にできないものは再現できないということです。
つまり意訳ニュアンスは、AIで再現することが難しいということです。

例えば、映画『メッセージ』の原作の小説(翻訳版。文庫本なのに1000円超えてワロタw)を買ったのですが、
原作の小説の題名は「あなたの人生の物語(Story of Your Life)」となっています。

小説の原題:Story of Your Life
→映画の原題:Arrival
→映画の邦題:メッセージ


となっており、
文字だけを見ると一見関連性がないように思えますが、
内容を知っている人からしたら、そんなに遠くないかな、という感じです。

共通イメージとしては、

共通するイメージ

という感じではないでしょうか。
(あくまで私のイメージですが)

この感覚を得ることは、AIには難しいように思われます。

深夜にこんばんは。ローズ三浦です。

仕事で頭を使い過ぎたせいか、変に頭が冴えて寝不足なのに寝られないっていう。。
ちなみにこの1週間は仕事が重なってしまい、3件お断りさせていただきました。誠に申し訳ございません。
これぞ、『仕事が忙しい時に限って依頼が殺到する』の法則!

さて、この前観た映画『メッセージ』では、
主人公がエイリアンの言語(時制がない)を理解することで、
エイリアンの時間に対する概念が主人公の思考に影響し(『サピア=ウォーフの仮説』)、
その結果主人公は未来が見えるようになる、という設定でしたが、

今、現在進行形でそれを体感中。


pythonを学習することで、
だんだん現実認識が浸食されてきているのである。
(pythonはある種の言語なので。)

具体的に言えば、今起こっている事象を、何らかの法則や数式で表せないか?と考えるようになりました。

pythonは、というかプログラミング言語全体に言えることですが、
法則や数式をコンピュータに理解できる言語で記述することによって、
それをコンピュータに再現させるものです。
なので、pythonの法則数式という特徴が、私の思考にも影響してきています。

この感覚、昔英語を習得していく際にもあったような気がする。
(今はその感覚が当たり前になっているので、忘れていましたが)
英語を学習すると、『英語の思考回路』というものが生まれるんです。

そして、英語の時は、最初は日本語→英語を頭の中で翻訳していましたが、
ある時から、直接英語で考えられるようになりました。

その理屈でいくと、このままpythonを学習すれば、
最初からpythonで考えられるようになる?
つまり、それはAIが見ている世界を見られるようになるということです。


ここまで読まれて、「それってただの思い込み/妄想じゃないの?w」と思われる方もいるかもしれません(これは外側からはわからない変化なので)。

しかし、翻訳の過程をpythonのコードによって記述できれば
翻訳のAIで目に見える結果として再現できるため、
思い込みや妄想ではないことが証明できると思う。

もしコードが書けたら、研究機関に無償提供しますので、
ご希望の方がいらっしゃったらお申し付けください。
(書けるかどうかはわかりませんが)

翻訳の過程をpythonで記述するためには、
翻訳のAIの仕組みと、翻訳の仕組みの両方を知る必要があります。
(現在は、どちらも正確には解明されていません)

ある意味、翻訳のAIと翻訳者間の翻訳者ですね。
現在、そのような職業はありませんが、ランゲージ・エバンジェリストなんてどうでしょうか?

※本記事はネタではありません。

※ジョーク記事です。


Erika.png


今日は映画を観てきました。

ネタバレしまくりなので注意(以下、ドラッグで文字反転)。

*************************************************************************************************
謎の知的生命体(以下、エイリアンとする)の言葉には時制がないというのは興味深かった。
彼らにとっては、過去・現在・未来は同じことなのだろうか?

あと、エイリアンの文字と音声には関連性がないって、どういう感じなのかわからんw

エイリアンの言葉が「武器を提供する」と解釈されたことで、全面戦争になりかけたり。
このあたり、通訳・翻訳の怖さを感じるわ。
(たった一語の誤訳で、政治なら戦争になったり、医療なら人が死んだりする可能性もある)

最後、ルイーズは中国に何を言ったんだw
ある意味、「説得」って人間が持つ最強のスキルかもしれんわw
(相手にとって効果がある言葉を言って、相手の考えを変えさせる)
機械には無理かもねw

映画内で、「非ゼロ和ゲーム」という言葉が出てきましたが、
AIと人間は、非ゼロ和ゲームになれるかな?

*************************************************************************************************

途中、時系列がよくわからなくなりましたが(このへんがSF?)、
翻訳者としては考えさせられる映画でしたね。

私は途中から、エイリアンを翻訳のAIに置き換えて観てましたw
やっぱ、コミュニケーションする上で、
お互いを知りたい、理解したいという姿勢は大事だよね。

あなたはなぜ、たまに同じ単語の訳を何回も吐き出すの?
あなたはなぜ、男と女を間違うの?
あなたはなぜ、たまに全然違う訳を出すの?
あなたはseeとwatchの違いは気にならないの?

ねぇ、あなたのこともっと知りたいから、
あなたの気持ち、私に話してよ。


ただし、Pythonでねw
そしたら、私もPythonであなたが理解しやすいように指示が書けるから。

勉強メモです。

間違っていたらご指摘お願いします。
また、プロの方からのアドバイスもお待ちしております。

・英文を書く時の3C(Clear、Correct、Concise)は、プログラミングについても言える。

・私の場合、数式は理解できない(数学は高校時代に赤点取ったことも!)けれども、
同じことをプログラミング言語で表記するとナゼか理解できる。

・Windowsはプログラミングに適していないらしい。(LinuxとUbuntuをすすめられた)

・ディープラーニングにはGPU必須?CPU(家庭向けの一般的なPC)では、計算に時間がかかり過ぎるらしい。

・『ゼロから作るDeep Leaning』を読みながら実際に動かしているが、良書!(勉強会で質問した方も、「この本はよい」とおっしゃっていた)

・プログラミングの“初心者向け”の勉強会に行ってはどうか?とアドバイスをいただいたが、
私の場合はUdemyの応用コースをやる方が都合がよいかもしれない。(※今初級のコースやってます)

・NMTは言葉の意味を理解していない。確率ベクトルで計算するだけ。「see」と「watch」の違いは、NMTにとっては計算上の誤差?


来月は関東でMT勉強会が開催されるみたいです。
行きたいのはやまやまだけど(クックパッド日本IBMの方も発表されるようです)、
今の状態じゃせっかく行っても理解できないと思うので、
9月のMT Summitまで待つかなー?

それまでに、何らかの形のあるものを1つ作れたらいいな。

WHAT'S NEW?