Photo Gallery

翻訳インターンを修了した機械翻訳研究者側の学生(前回とは別の学生)から、
感想をいただきました。

==================

受講感想ですが、月1回の文量としては学業に支障のない範囲で取り組める量で色々学べたので良かったです。特に一定のフォーマットを持った文章を翻訳するという経験は
学校教育の中でもあまりない経験でしたので為になりました。また、数値周りの表現(今回ですと「1日yy回xxx mg 投与群」の部分など)は日常英会話等では学ぶ機会が
少ない一方、英語論文を執筆する際には必要になるため、勉強の必要性を感じました。

機械翻訳にどのように活かせそうかですが、現状の機械翻訳は文書から文単位で抜き出して学習データとしているものが主流なので、このインターンのように全体のフォーマットを
考慮しつつ翻訳する場合に弱いというのがわかりました。既存の文書単位で翻訳する研究を更に発展させるか、あるいは翻訳メモリのような定形表現の翻訳に使える手法を
ニューラルネットワークに組み込む必要があると思います。あるいは、手法は既存のものを用いて精度を向上させたいとなると、翻訳させたいドメインの文書をとにかく大量に
用意する必要性が高いでしょう。一般的な大規模コーパスからは分野に固有の定形表現や固有名詞は学習できないと思うからです。

==================

こういう機械翻訳研究者側の知見を得られることは、非常に有益ですね。
(あと学生だから若いし頭が柔らかいから、
機械翻訳の精度を向上させる斬新な発想ややり方を思い付いてくれるかも、という期待もあります。)


別件ですが、3/19のNLP2021ワークショップ「文章の評価と品質推定〜人間・機械の「作文」の巧拙をどう見極めるか?〜」では、
グループディスカッションもあるみたいなので、楽しみです。
私はNLP2021のシルバースポンサーですし、このワークショップのグループディスカッションにも参加予定です。

機械翻訳研究者側と建設的な議論ができることを期待しています。

この前ヘアサロンに行ってきました。

そしたら新しいトリートメントをすすめられました。
シャンプーとセットで、そのシャンプーは巷では『魔法のシャンプー』と呼ばれているらしく(※俗称。正式名称ではない)、
たった1%のヘアサロンだけが取り扱いを許されるそうです。

ほんとかよ?と思いました。

というのも、詐欺翻訳講座が「魔法の○○メソッド」や「TOP 1%」という宣伝文句を使っており、
そういう言い回しに悪いイメージを持っていたからです。

でも、信頼する美容師が言うことだし(その人にはもう10年位お世話になっていて、その人がヘアサロンを移動するたびについていってるし、商品も散々買ってる)、
30%オフということで、いつもと300円しか違わなかったため、
試しにやってみよう、と思いました。


そしたら、
本当に見違えるほど変わったんです!!!


ついでにトリートメント前・後の写真を撮られました。
(本当に「劇的ビフォーアフター」過ぎて、宣伝に使われるレベルw)
これは魔法のシャンプーと呼ばれてもおかしくないと思いました。


これは詐欺翻訳講座にも見習って欲しい。
「魔法の○○メソッド」「TOP 1%」とかいうなら、
それなりのモン見せてよ
と思いました。


本当に効果が宣伝文句通りで、お客さんが満足してるなら、
「詐欺だ!」とかなんとか言われないのであって。
(でもそうじゃないから問題になってる)


次このヘアサロンで「前と同じの」で注文したら、トリートメントの30%オフがきかないから、
「あれ?料金高くなってる?」みたいな感じになって、
いつのまにかジワジワ単価上げてくる作戦っぽいw

まぁ、満足度が高いから、
話に乗せられてもいいかな、と思えるレベル。
「お客様に気持ちよくお金を払っていただける」レベルの物を提供する。
これは見習うべきだと思いました。


ヘアサロンの帰り際、こそっとシャンプーのサンプル(数回分)をくれました。
次、
絶対トライアルキット(ミニサイズのシャンプー+ミニサイズのトリートメントで2000円位)
買ってしまいそうwww



バレンタインデー。

とはいっても、
いつも通りの1日を過ごしているローズ三浦です

今、ミニサイズの食用ハーブを育てているんですが、
レモンバーム、バジル・イタリアンパセリ・ミントの4種類があるんですが、
バジルだけ発芽しました!!

子供が初めて立った瞬間みたいな喜びよう……←大げさ

そういう小さな喜びが日々の生活の楽しみになっています。

新しい部屋は日当たりがよく、晴れている日は1日中リビングに光が差し込むので、
幸福感がマシマシです(*´ω`*)

家具をどの程度置こうか悩んでいます。
スペースにある程度ゆとりがあるゆえの悩みですね。
(前の部屋はスペース的に最低限の家具しか置けなかったので、
悩む余地がなかった。。)


あと、基本情報技術者試験の勉強を始めました!

別にプログラマに転職したいわけではないのですが、
「プログラミングを勉強する」って何をどの程度勉強すればいいの?って感じなので、
勉強の指針と明確な目標が欲しくなったので。

友人のSEも基本情報技術者試験と応用情報技術者試験を会社から受けさせられてるので、
全く無意味ではないのかと思います。

まぁ、現場経験ン10年のプログラマとかなら、別にいらないのかもしれませんが、
私のような素人が「プログラマとしての基礎能力はあります!」ということを、
対外的に示すのに1つの指標にはなるのではないかと。

並行して翻訳インターンの添削もボチボチやります。

NICT主催の「第4回 自動翻訳シンポジウム ~自動翻訳と翻訳バンク~」が、
3/16にオンライン配信(ZoomおよびYouTubeライブでの配信)で行われます。

ただし、NLP2021の開催期間中(3/15~19)なので、
カブっちゃいますね。。

なんでみんなイベントをカブらすの?
(数年前もNLPとJTF関西セミナーがカブっており、
その時は両方現地会場っだったので、
名古屋→大阪に物理的に移動するのが大変だった。。)

対策として、
「第4回 自動翻訳シンポジウム ~自動翻訳と翻訳バンク~」の方は、zoomとYouTubeライブの両方でやるらしいので、
私はNLP2021はzoom、自動翻訳シンポジウムはYouTubeライブで同時に拝聴する予定です。

聖徳太子かよ! ٩(๑`^´๑)۶

久しぶりに江国香織氏の『ウエハースの椅子』を読み直して触発されたので、
気分転換に軽い読み物を執筆しました。
(確定申告でメンタルやられてるので、その療養も兼ねて)
ケーキの欠片、あるいはなにか

※フィクションです
**********************************************
年明けに、私は大阪の中心地に近い「パラディーゾ」という名のマンションに引っ越した。
(「パラディーゾ」とは、イタリア語で「天国」を意味する。)

南向きで、昼間はリビングに直射日光が差すので、
冬でも昼間は照明や暖房がいらないほどだ。

前のマンションから持ってきた植木も、ベランダで太陽の光を存分に浴びられて嬉しそうである。
(耐陰性の植物だが、本来日光が大好きな植物らしく、
前のマンションは北向きだったため、我慢していたのだろう。)

キッチンも充実している。
キッチンのシンクに食用ハーブの小さな鉢を置こう、と思う。
『彼』が来た時にお茶に入れたり、食事に入れたりできる。

リビングにはL字型の大きな白い本革ソファを置く予定だったが、
寸法を測ったところ、そのソファはこの部屋には大きすぎるようだ。
今度引っ越した時に買おう。
(リビングが20畳以上なら、部屋は「そのソファに」ふさわしい)

代わりに、同じシリーズのL字型ではない幅が少し狭いものを買った。
(輸入品なので、届くまで少し時間がかかる。)

ベランダでは薔薇を育てよう。
寝室の小瓶に一輪だけ生けよう。
ベランダは前のマンションに比べて狭いが、ガーデンテーブルとガーデンチェアをぎりぎり置けるため、
天気のいい日にはそこで食事やお茶をしたり、
夜にはシャンパンで乾杯することもできる。

白い本革ソファがくれば――彼はそこで私を抱くだろう。

私と『彼』の小さな「天国」。

**********************************************


WHAT'S NEW?