Photo Gallery

今回は、翻訳からちょっと逸れた話題ですが、
AdobeにAIを活用してる記事がありましたので、ご紹介しておきます。

自分的には、箱や折り鶴のデザインを3Dで確認・加工できるやつと、
猫の動画にCGで紙吹雪を散らすやつおもしろかったです^^

仕事柄、いつも文字ばっかり見てるので、
画像や映像を見るといい気分転換になります♪♪

Twitterで翻訳単価(下限)についてのアンケートを行ってました。
ご協力ありがとうございました。
投票数は26でした(結構投票してくれたね!)。
リツイートしてくれた方々、ありがとうございました。

翻訳単価(下限)

翻訳単価(下限)・2

なんか、実際請けてる単価より高めに言ってません?(笑)

決定要因

こんばんは。
みなさま、お久しぶりです。

今週は10件納品しました。
しかも勉強会も(意地でも)行きました^^☆

次は来月末までの案件があり、それだけで最悪自分の生活費分はあるので、
残りは登録翻訳者・チェッカーの方にお任せしようかな(←チェックするくらいの余裕はあるので)。

その間にGoogle Cloud Summit翻訳祭にも行くよ♪

実がなるかどうかは、自分次第。

さて、翻訳会社の経営って、
管理能力が求められるんですよね。
(例:A社の納期は〇〇日→Bさんには早めに「△△日まで」と言う→Bさんから△△日に納品→チェック→A社に〇〇日に納品→A社からの支払いは60日後→Bさんには30日後に先に支払い×5件とか。)
しかも自分自身の翻訳案件もあるしw

小規模案件をぐるぐる回すことで、
登録翻訳者・チェッカーを実務案件でテストし、
自分自身も翻訳会社を運営していく訓練をしております(支払いも数万程度なら、先払いでもそんなに支障ないし)。

これ以上案件増えたら、間に1人翻訳コーディネーター要るかなって感じです。
(で、状況次第では翻訳コーディネーター入れる→案件増やす→も1人翻訳コーディネーター入れる・・・の繰り返し)

結局、会社って社長の器以上に大きくできないのかなって気がします。
(※あくまでオーナー社長の場合。「雇われ社長」は別)

あ、うちの場合は、無理せず、様子見ながら、
徐々に規模拡大していこうかな、って感じです。

WHAT'S NEW?