Photo Gallery

前記事の質問に関連して、
じゃあ翻訳者がこれから前向きに仕事をしていくには、具体的にどうすればいいのか?
について考えてみました:

① ポストエディットを受け入れる
② トップ1%の翻訳品質を出し、従来の人間翻訳の仕事をキープする
③ 人間翻訳を評価してくれるお客様を自分で捕まえる
④ 自分が訳したデータを入れて機械翻訳を作り、既存の機械翻訳に対抗 ← New!


④はハードルが高いように思えますが、
イチから作るのではなく、既存の機械翻訳のアダプテーションであれば、
最近は技術が成熟してきて、以前では考えられない程安く、必要な対訳データの件数も少なくなってきているため、
ちょっと儲かっている翻訳者であれば、個人であっても不可能な方法ではないと思います。

そうすると、今度はアダプテーションモデル同士の戦いになりますね(機械翻訳戦国時代!?)。

一通り熾烈な争いが行われ、
最後まで立っていたヤツが市場でdominantとなるでしょう。
(「どの機械翻訳が一番良いか」は、プロバイダー側ではなく、ユーザー側が決めることなので)

マシュマロ(Twitter上で匿名で質問できるサービス)でおもしろい質問がありましたので、
回答をこちらにもまとめときます。
(すでにTwitter上で回答済み)
マシュマロ質問①

特に明るい発信をしてる人がほかの業界に比べ少ない暗い業界だと思いました。(いきなり失礼なことを申し上げすいません。)の部分がですね。

自分としてはそんな人ばかりじゃないと思いますが、
少なくとも質問者の方からはそのように見えたということでしょう。

まぁ、私に質問してきたということは、
ちょっとは建設的な意見を求めてると思ったので、
なるべく前向きな回答をしてあげたいと思い、
以下のように回答しました。

=====================================================================
以前、知恵袋にした回答と同じですが、
機械翻訳はパターン認識で機械的に処理できる分野では強いと思います。

しかし、文化的差異(例えば日本では鼻が「高い」と言いますが、英語では鼻は「長い(long)」と言います)によって直訳がうまくいかない部分は、人間翻訳者が残る余地があると思います。

また、訴求など、コピーライティングの要素が入るものはまだまだ人間の領域です。

機械翻訳が今どのレベルか、常に最新状況をチェックしましょう。違うアプローチとして、機械翻訳の使い方については、今AAMTという機械翻訳の学会で協議を進めています。
機械翻訳を最大限使いこなしてもなお修正が必要な部分が、これから人間翻訳者の役割となるでしょう。

あなたのご友人が、上記の回答を見せてもなお翻訳をやりたいというのなら、やればいいと思うし、やりながらこれからの人間翻訳の役割を前向きに探していけばいいです。

ただ、「やっぱやめとこうかな……」と思うなら、やめておいた方がよいです。
これから状況はどんどん厳しくなると思うし、既存の翻訳者すら上位の何割かしか残らないと思いますので。
=====================================================================

特にやりながらこれからの人間翻訳の役割を前向きに探していけばいいです。の部分は、
既存の翻訳者の人達にも言いたいです。

というか、言いながら自分自身にも言い聞かせているフシがあります。
私自身も決して安全地帯にいるわけではないので。

翻訳者を「続ける」には? 

他の方のブログで「翻訳者を「続ける」技術とは」という記事を拝読したので、
一応今年でメディカル翻訳者歴10年目の私から、
私見を述べさせていただきたいと思う。
(ちなみにこのブログは、メディカル翻訳を開始した際に開設したので、
このブログ歴10年目ということになる。長い!)

翻訳者は「なる」より「続ける」方が難しい説がある。

極端な話、問題となった詐欺翻訳講座みたいに、CV詐称やトライアル共有して翻訳会社に登録すれば、
最初の案件はgetできるかもしれない。
でもそれで「10年」翻訳者続けられるか?っていう話。

ここ10年、メディカル翻訳者界隈?を見ていて思うのだが(といっても、ネットで見たり、リアル・オンラインのイベントで私が見聞きした程度。全体の数字や状況を正確に把握しているわけではない)、
メディカル翻訳者になりたい人は多く、最近はコロナのせいかさらに希望者は増えている(翻訳学校のメディカル翻訳コースがすぐ満員になることからも、それは伺い知れる)。
しかし、途中でやめる人も非常に多いので、
「メディカル翻訳者志望です!」って聞いても、
正直最近はもはや「ハイハイ。まぁ、がんばってね」程度にしか思わなくなってきた。

メディカル翻訳者に「なる」には?という問いには、
「メディカル翻訳・通訳 完全ガイドブック」を見た方が早いと思うので、あえてここでは触れないが、
私が思うメディカル翻訳者(というより、メディカルに限らず翻訳者)を「続ける」コツは:
① 収入の2割を目安として投資に回す
② 単価がギリギリだと仕事がない時のバッファがないので、単価を高めに設定する(というか、単価が低すぎると生活費が稼げないので、そもそも翻訳者を続けられない)
③ ヒマな時間は、
● 新規開拓(トライアルや営業)
● セミナー・勉強(既存の翻訳分野のブラッシュアップ、翻訳分野を広げる、CATツールの習得)
● イベントでネットワーキング
④ 目標となる翻訳者を設定し、常にそこに向かって努力し、時々フィードバックをもらって目標からズレていないかを確認する
⑤ 需要がある翻訳者ってどういうものか?を常に観察する

特に⑤。
あなたが仕事がない時でも、仕事がある翻訳者はいます。
全員に仕事がないわけではありません。
あなたに仕事が来なくて、他の翻訳者に仕事が行くのはなぜでしょうか?

これを常に念頭に置いて、自分の状況だけでなくマーケットの需要供給を見てみてください。





Yahoo!知恵袋に「将来翻訳家になりたいと思っているのですがそれを担任に質問したら『君が大人になる頃にな全て機械がやってくれるから翻訳家はやめた方がいいよ。』って言われたんですけど……」という質問に対し、
現役翻訳者達から真面目な回答が寄せられています。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13255675208

まぁ、高校生へ親身にアドバイスしているというよりは、
自分らがそう言われた気になったので、
これだけマジに回答しているのではないかと思いました。

現役翻訳者達もどこかで機械翻訳について気になっているので、
自問自答の時期にきているのかもしれません。

対象を絞った

意識を高める

決定要因

~に該当する


明確に定義されていない

WHAT'S NEW?