Photo Gallery

AAMTより、MTユーザーガイド(バージョン1.0)が発行されました。
https:/www.aamt.info/act/MTuserguide/

この1年、私も微力ながら委員会のメンバーとしてMTユーザーガイドの作成に尽力して参りましたので、
リリースされて感無量です。
(巻末の委員会メンバーに名前が載っています。)
巻末の委員名簿

私は2章「翻訳品質」の部分を担当いたしました(永田哲氏と共同執筆)。
(最初の草稿からかなり改変されていますので、ほぼ原型はありませんが。。)

このユーザーガイドは、MTの間違った使用を防ぐだけでなく、
ユーザーに"翻訳そのものへの理解”を促す役割もあると思います。

そして、機械翻訳研究者、翻訳会社、翻訳者のメンバーが集まり、
曲がりなりにも1つのコンセンサスを形成してMTユーザーガイドの発行に至ったのは、
各業界にとって大きな成果だと思います。
(1つの共通の認識に至ったということなので)

とはいえ、MTユーザーガイドは「出せば終わり」というものではなく、
本当に大事なのはこれからです。

MTユーザーガイドの普及に努め、皆様からのフィードバックを次回以降のバージョンに反映してまいります。

2022/9/15追記:改訂版Ver. 1.1が発行されました


同業者の堂本秋次氏のYouTubeライブにお邪魔させていただきました。



日本映像翻訳アカデミーが出したAI字幕翻訳ツール「Subit!」のTwitterでの大炎上を受けて、急遽開催されたのですが、
視聴者は常時30~40人位いて、チャット欄でも活発にコメントがされ、ライブは大盛況だったようです。

ちなみに日本映像翻訳アカデミーは、昨日18:00頃声明を出したようです。

感想くれるちゃんローズ三浦は、AIによる翻訳の第一世代となるか?の記事の感想をいただきました。

どれどれ……

感想くれるちゃん

「うおっこ」とは?どのへんに「キュンキュン」したのでしょう(笑)

AAMTジャーナル「機械翻訳」No76

AAMTジャーナル「機械翻訳」No.76が一般公開されました(AAMT会員でなくとも無料で読めます)。

ローズ三浦はP13~「機械翻訳と人間翻訳の両方の市場を最大にする方法」を寄稿しました。
(AAMT2021, Online発表分のまとめ)

米AI企業OpenAIによる文章から画像を生成するAI「DALL·E 2」が、ネット上で話題となっています。

「DALL·E 2」で画像検索すると、DALL·E 2によって生成された画像を大量に見ることができます。 

中でも、私的にDALL-E dreaming of becoming an AGI(汎用AIになることを夢見るDALL·E 2)という画像に、
不覚にもキュンとしました。

まるで早く大人になりたい子供みたいですね。

gotoという方が、
個人でmeta翻訳という翻訳サービスを開発されたそうです。
(Google翻訳やDeepL翻訳みたいなもの)

インターフェースを含め、全部1人で作れるもんなんだ、と驚愕しております。

技術記事も書かれていますので、
論文から商用レベルのプロダクトにまでもっていく流れがとても勉強になります。
(数多くの論文を読んで、試行錯誤の上実装されたのがうかがえます)

明日からNLP2022が開催されます。
エッジ・トランスレーションはシルバースポンサーとして参加します。
現時点での参加予定は以下です。
(※仕事との兼ね合い、および重複するセッションがあるため、できれば出るくらいの感じです)
*************************************************************************
3月14日(月) 13:00-14:45
T2:チュートリアル2:ゼロから始める転移学習

3月15日(火) 13:20-19:00
G2~4:テーマセッション2:文章の評価と品質推定(1)~(3)
【総合討論】
★(重複)3月15日(火) 13:20-15:00:
C2-1 遠距離教師データの特徴表現を活用した薬物タンパク質間関係抽出
C2-2 薬学知識グラフ上のヘテロな情報を利用した文献からの薬物相互作用抽出
★(重複)3月15日(火) 17:20-19:00:C4-5 Improving Medical Relation Extraction with Distantly Supervised Pre-training

3月16日(水) 9:00-10:20
PH1-1 医療用語の is-a オントロジー構築の FCA を使った効率化
PT2-12 英日機械翻訳における既存の評価指標の線形結合による性能評価

ランチ:NLP女子会

3月16日(水) 13:20-17:00
C5~6:機械翻訳(1)~(2)

3月16日(水) 17:20-18:20
自然言語処理研究が乳幼児の言語発達研究から学べることは何か

3月16日(水) 19:00-21:00
【オンライン懇親会】

3月17日(木) 9:00-10:20
PT3-9 Transformerによる含意生成とその評価
PT3-12 機械翻訳における単語埋め込み共有時の問題の言語埋め込み導入による緩和

3月17日(木) 10:40-12:00:
PT4-11 JParaCrawl v3.0: 大規模日英対訳コーパス
PT4-12 双方向翻訳モデルと反復的逆翻訳を用いた低資源言語に対するニューラル機械翻訳の性能向上
PH4-12 曖昧性を含む翻訳に着目したマルチモーダル機械翻訳データセットの構築方法の検討

3月17日(木) 13:20-14:40
F7:テーマセッション3:言語処理テクノロジーと翻訳:翻訳の要請から技術へ,技術から翻訳応用へ
【総合討論】

3月17日(木) 15:00-16:20:
F8-1 疑似問題による常識推論能力の改善と関連タスクへの効果
F8-2 医学生物学論文解析のための談話依存構造ツリーバンクの構築

3月17日(木) 16:40-18:10
招待論文:
テキストベクトルの重みづけを用いたタスクに対する単語分割の最適化
訓練事例の影響の軽量な推定
*************************************************************************
特に15日と17日の【総合討論】、および16日【オンライン懇親会】については、
極力出る予定です。

参加される皆様、どうぞよろしくお願いいたします。





昨日の「AAMT 2021, Online」の公募セッションで、
「機械翻訳と人間翻訳の両方の市場を最大にする方法」と題して発表を行いました。
ご覧いただいた方ありがとうございました。
「AAMT Online, 2021」公募セッション発表資料


発表資料はこちらに公開しました。
https://slideshare.net/ssuser8d5970/ss-250808319

訳文提供していただいた素晴らしい翻訳者の方々に、
心より御礼申し上げます:
宮原健(Twitterアカウント:@traducteur_fJED)様
堂本秋次(Twitterアカウント:@Akitsugu_Domoto)様
Wakana Catchpole(Twitterアカウント:@new_language)様
津山逸(Twitterアカウント:@NChougenbou)様


ちなみに自分の発表以外は、
一般聴講者として視聴していました。
Twitterで実況しました。
https://twitter.com/rose_miura/status/1468437935234379777


【個人的な感想】
今回のAAMT Onlineは、機械翻訳がようやく商業化に耐えうるレベルになってきたこともあり、
機械翻訳の実用例や製品化した機械翻訳の御披露目もあり、
大盛況であった。

各ディスカッションや質疑応答の内容も具体的かつ有意義で、
その場限りの盛り上がりではなく、今後につながるものであった。

AAMT30周年の年に、
惜しくも長尾先生は亡くなられたが、
長尾先生のご遺志は次世代に引き継がれたと思う。

長尾先生のように、例え自分達の時代には花開かなくても、
尽力してくれた人達がいるから、
今の時代がきた、と思う。

特にAIKO SciLingualは素晴らしかった。
医療に特化したAI翻訳の商業化への貢献は大きい。

エッジ・トランスレーションは、
言語処理学会第28回年次大会(NLP2022)のシルバースポンサーになりました。
言語処理学会第28回年次大会(NLP2022)シルバースポンサー

よろしくお願いいたします。

WHAT'S NEW?