Photo Gallery

最近、浅野正憲氏の「在宅翻訳アカデミー」の記事が量産されているので、
再度注意喚起しておきます。

在宅翻訳起業コミュニティから改名したのか、混在しているのかはよくわかりませんが、
とりあえず悪評を避けるために検索に引っかからないようにするための対策であることは明白です。

在宅翻訳アカデミーの運営会社であるらしい「株式会社Next Translation」は、
本記事執筆時点で法人登記されていません。
Next Translationは、法人登記されていない
つまり、実在しない会社ということです。

在宅翻訳起業コミュニティは、再現性100%のビジネスのはずなのに、
トライアル合格者は公称でも会員の15%程度です(トライアル合格者数は公称250名程度、会員数は公称1600名程度。いずれも「翻訳の学校」も含む)。
(というか、このレベルのウソを付く会社なので、
もしかしてトライアル合格者自体1人もいないんじゃないかとすら思えてきます。)
株式会社Next Translationは法人登記すらされていないのに大手企業から信頼されていると書かれており、
会員からの悪い評判はないはずなのに私には会員から刑事告訴の資料が届いています。

TOEIC500でも翻訳家になれるはずなのに、なぜか英語養成講座があり、
TOP 1%の翻訳家である浅野正憲先生は基礎的な英文法もわかっておらず、
5年以上翻訳家として年収1000万円と自称していますが、確定申告書は示されていません。

翻訳家としてデビューできるどころか、
在宅翻訳起業コミュニティ入会前から副業で翻訳をしていたのに、
在宅翻訳起業コミュニティの会員というだけで受かるものも受からなくなった人もおり、
会員であることを隠して数を打って何とか引っかかったとしても、
事務局が氏名や翻訳会社名を消し忘れて、何回かそのまま公表されてしまっています。

しかし、それでも今年1月末に私が告発動画を出してからも、未だに入会する人がいるようです。
正直私からすると、アホくさ過ぎるし時間の無駄なのですが、
あまりにアホくさくて誰も反論しなくなると向こうの思うツボ(情弱はネットを検索しても批判がないから、ホントなんだ!」と思ってしまう)なので、
自分の時給を削りながらこの記事を書いています。

「翻訳の仕事は高給・儲かる」
→クラウドソーシングの翻訳分野の料金や応募者数、
翻訳者ディレクトリの料金を見てください。

「またほとんどの人が気付いていないオイシイ仕事。需要に対して、供給が全く追い付いてない」
ちょっと英語ができる人なら誰でも考えますし、
COVID-19で希望者はさらに増えています。
他の語学系職業である通訳・通訳ガイド・英語講師で仕事が減っている人も翻訳に流れたりしています。
果たしてこの状況で英語力が低い状態で参入できるかどうか、
よく考えてください。

「自分たちの利益しか追求しない翻訳業界の闇を改善し、稼げる翻訳家を多数輩出し、翻訳業界を健全化したい」という大義名分
正義の味方のフリをして、自分が翻訳業界を荒らしている張本人です。
翻訳会社は、会員のCV詐称やトライアル共有により、本来受からないレベルの応募者を受からせてしまい、
実案件は全くできずにクライアントからクレームが来たり、やり直しのために金銭的被害を受けています。
他の翻訳者・チェッカーは、不正により合格した能力不足の会員の納品物の尻拭いをさせられています。CATツールでマッチ分がディスカウントされる場合は、金銭的被害を被っています。
在宅翻訳起業コミュニティとは関係なく翻訳者になりたい人は、在宅翻訳起業コミュニティのせいで翻訳会社が採用を控えるようになり、採用人数が減るか、採用自体がなくなり、
本来受かるレベルの人も受からなくなっています。

それでも入会したい方は止めませんので、
どうぞ50万円騙し取られた上に翻訳業界からブラックリストに入れられてください^^

追記(8/6 18:00):有料の登記情報を調べたところ、7/22に登記情報が変更されており(株式会社Trans Innovationから株式会社Next Translationに改名)、
本記事執筆時点では登記変更されていたようです。大変申し訳ございません。
ただし、私が初めて見た在宅翻訳アカデミーの記事は7/17に更新されており、
その時点では株式会社Next Translationは存在していませんでした。
株式会社Next Translation登記情報

ちなみにこの登記情報を取得するのに500円位払いましたが、
見たい方は、黒塗りしてないもの(代表取締役が変わっています。前の代表取締役と新しい代表取締役の両方の住所も記載されています)を無料で差し上げますので、
info@edge-translation.jpまでメールするか、TwitterでDMください^^

全国各地で緊急事態宣言が出され、
ローズ三浦が在住している大阪も対象になっています。

職業柄、元々リモートワークなので、
事業には幸いにも今のところ特に影響がないのですが、
世界各国から「マスクあります!」系の詐欺メールが届いており、
コロナ便乗詐欺が流行ってるな、という印象です。
(特に中国が多い。中には詐欺じゃなくて、普通の輸入ビジネスとしての勧誘もあるのかも。。)

日本でもマスクやトイレットペーパーの転売ヤーが問題になりましたが、
コロナの影響で失業・減給された人、または将来が不安になってる人を狙って、
「家で月100万稼げる!」「不安定な時代、これからは副業・複業~」というようなキャッチコピーの情報商材も増えております。
【コロナに便乗した情報商材に注意!!】

例を挙げれば、「在宅翻訳起業コミュニティ」とか「翻訳の学校」とかですね^^

上記に限らず、人が弱っている時や不安になっている時につけこんで、お金をむしり取ろうとする輩がいるので、
皆様どうか十分にお気を付けください。

土日のせいか、
最近また在宅翻訳起業コミュニティの記事へのアクセスが増えてるので、
追記します。

最近、Yahooニュースに「Trans Innovation、翻訳マッチングサイト提供開始」という記事が掲載されました。

引用元はSankeiBizです。
おそらくエキサイトに掲載された時と同じく、広告でしょう。

また、Trans Innovationのその翻訳マッチングサイトには、
※初めての方は、発注前に会員登録が必要です」と書かれていますが、
どこにも会員登録するボタンが見当たりません。
会員登録ボタンがない
つまり、翻訳を依頼する側は、発注したくても発注できないということです。

あくまで私の推測ですが、
おそらく「在宅翻訳起業コミュニティ」や「翻訳の学校」に入れたいから、
わざわざ高い広告費を払って、Yahooに翻訳サービス(※実際には稼働してない)の記事を掲載したのだと思われます。
(つまり、翻訳サービスのサイトは「在宅翻訳起業コミュニティや翻訳の学校に入ったら、親会社から仕事出せますよ!」と言うためだけのダミーサイトで、
本当の目的は「在宅翻訳起業コミュニティ」や「翻訳の学校」に入会させること

なんかこれ、一昔前のデータ入力詐欺と似ていませんか?

「データ入力の仕事あります!ただし、そのためにはパソコンと教材が必要です。費用は30万円です。
たくさん仕事あるんで、すぐ元取れますよ!」

と言ってパソコンと教材買わせる
→ 実際には仕事ない or ごく少額の仕事渡して「仕事あげたので詐欺ではない」と言う
というアレです。

もしかして、単に会員登録ボタン作り忘れてるセンもあるので、
言い切れませんが。。
(万が一、会員登録ボタンがあったらご連絡ください。)

在宅翻訳起業コミュニティは1/31 23:59まで新規申込受付らしいんで、
申し込もうと思っている方は特に注意してください。



浅野正憲氏について、Twitterで以下のようなアンケートを取りました。
浅野正憲氏に関するアンケート

16票中9票が「返金して、さらに刑務所に行って欲しい」と回答しており、
Twitterとはいえ、まさかの半数以上が浅野正憲氏の刑務所行きを望んでいます。
(会員からはよほど恨まれていると推測されます。)

私自身は在宅翻訳起業コミュニティとは無関係なのですが、
これからの翻訳業界の浄化(浅野正憲氏と似たような人物が出てきて、業界が荒らされるのを防ぐ)と、被害者の救済のため、動いていきます。

● 返金してほしい人
→ Twitterでキャシー@T1Rbwd9RDTGwcsDさんに連絡してください。返金の相談に乗ってくれます。これまで全額、または一部返金されているようです。

● 刑務所行きまでは望まないが、詐欺講座をやめさせたい人
→ 消費者庁に情報提供してください。
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/specified_commercial_transactions/disobey_form/
※直接の被害者でなくても、情報提供できます。

● 刑務所行きを希望する人
→ 私に詐欺罪(刑事)の証拠を送ってください。警察と弁護士に相談します。
※ 秘密は厳守しますが、警察や弁護士から確認の連絡が行く可能性があります。

巷で話題の在宅翻訳起業コミュニティですが、
その実態を探ってみました。

まず、ヨーロッパの翻訳会社の協会であるEuropean Union of Associations of Translation Companies(EUATC)のサイト。
https://euatc.org/news/alleged-japanese-scam-revealed/
Masanori Asanoと名指しされています。

齊藤貴昭氏の勤務先の翻訳会社でもブラックリストに入れられています。
https://terrysaito.com/2019/09/09/%e7%bf%bb%e8%a8%b3%e4%bc%9a%e7%a4%be%e9%96%a2%e4%bf%82%e5%90%84%e4%bd%8d%ef%bc%9a%e3%81%94%e6%b3%a8%e6%84%8f%e3%82%92/

そして、国際的な翻訳系詐欺師リスト。
http://www.translator-scammers.com/pdf/translator-scammers-directory-offline.pdf
Masanori Asanoで検索すると、何箇所かヒットします。

私自身は在宅翻訳起業コミュニティとは無関係なのですが、複数の被害者の方から話を聞いており、
内部資料も届いております。

宣伝では、「専業で年収1000万、副業月収50万稼ぐ人もいる」なんて言ってるけど、
実際にはどのくらい稼げてるの?
在宅翻訳起業コミュニティ・実態(1)

公式には「トライアル合格者200名」と言っていますが・・・
在宅翻訳起業コミュニティ・実態(2)
実際は75名程度です(しかも、そのほとんどがCV詐称やトライアル共有で不正に合格しています)。

浅野正憲先生の翻訳の実力は?
在宅翻訳起業コミュニティ・実態(3)
この翻訳の実力で年収1000万円というのは、信じられますか?
また、この方に教えてもらって翻訳の実力がつくと思いますか?

今翻訳業界全体で、在宅翻訳起業コミュニティ会員を排除する方向で動いています。
50万がムダになる上、翻訳者としてのキャリアも潰されますので、
やめておかれることを強くおすすめします。

壮大な釣りタイトルで騙すようで申し訳ないのですが(私自身も自分の信用にかかわるため、かなり躊躇しました)、
こうでもしないと騙される人たちが検索して辿り着かないからです。

被害者は1100名を超えています。
浅野正憲氏は、最近電車広告も出したようですので(在宅翻訳起業コミュニティではなく、「翻訳の学校」という名前で)、
これ以上被害が拡大することを防ぐためにこのような記事を書きました。

続く → 【在宅翻訳起業コミュニティで年収1000万円稼ぎました!!】(2)

WHAT'S NEW?