Photo Gallery

Did She Cry Humanly?

Did She Cry Humanly

みなさま、お久しぶりです。
なかなか更新できなくてごめんなさいね。
15件近く案件があったもんで・・・)

さて、翻訳祭に行ってきました(10/26の午後のみ)。
場所は京都の京大医学部内にある芝蘭会館。

芝蘭会館・本館。

翻訳祭キタワァ*・゜(n‘∀‘)η゚・*:

現場には昼の12時過ぎに着き、ブースを見て回ってました。

NICTの機械翻訳。
みなさんどう思います?

NICTの機械翻訳(一般)
NICTの機械翻訳(メディカル)
ちなみに分野は「汎用」か「特許」が選べます。
医療は?


午後イチは、京大・黒橋教授による「深層学習による自然言語処理の進展」。

「深層学習による自然言語処理の進展」

内容は基本的だったけど、わかってない部分もあったので、聞いてよかったです。

次は(というか最後のセッション)、医薬専門翻訳会社3社によるパネルディスカッション「あなたがつくる医学翻訳の未来:Prescription for Survival続編」を聴講しに、別館へ。

芝蘭会館・別館。
なんか、金持ちの別荘みたい(笑)

「あなたがつくる医学翻訳の未来:Prescription for Survival続編」

MCL社長は、医薬翻訳において、次のことを最低限守っているそうです(※後からメモを書き起こしていますので、一語一句同じではありません。間違っていたら申し訳ございません。)
・原文の情報を足さない引かない
・構文解釈
・科学的な整合性
・日本語としての完成度
・資料(スタイルガイド、用語等)
・同一文書内の表現の一貫性


これ、全部計算式で表せて
NMTエンジンのハイパーパラメータで調整できたらいいのにな(笑)


機械翻訳をラーメン🍜に例えたくだりは「ん?」と思ったのですが、
後からtwitterで祭りになってましたねw

質疑応答は、最初はまさかの指名制でした(モデレーターが回答者をあてる)。
全体的に、ソークラ・翻訳会社側にはMT賛成派が多く
翻訳者側にはMT反対派が多いように感じました。
途中から挙手制になりしたので、私からはCloud AutoML Translationについて質問しました。

なんか、質問に対する回答が全体的にズレていて
モヤッとして終わりましたね。

人手翻訳と機械翻訳のギャップを埋めるには、
翻訳者の視点を機械翻訳に「実装」できる人間が必要だと感じました。


ハロウィン仕様のニューオータニ大阪☆
会場はニューオータニ大阪。ロビーのディスプレイがハロウィン仕様☆

本日はGoogle Cloud Summit '18 in 大阪に行って参りました。

全体的に有益でした。
セッションは、ビジネスへの実際的な機械学習(AI)の導入のヒントがいっぱい。
また、Cloud AutoML Translationについて、
エンジニアの方に質問できた
のはよかったです^^

強いて言うなら、
2セッション目はG Suiteじゃなく、
サーバーレスコンピューティングに行った方がよかったかも・・・

Twitterの方で実況したので、
興味がある方は見てね☆


今回は、翻訳からちょっと逸れた話題ですが、
AdobeにAIを活用してる記事がありましたので、ご紹介しておきます。

自分的には、箱や折り鶴のデザインを3Dで確認・加工できるやつと、
猫の動画にCGで紙吹雪を散らすやつおもしろかったです^^

仕事柄、いつも文字ばっかり見てるので、
画像や映像を見るといい気分転換になります♪♪

『メディカル翻訳・通訳 完全ガイドブック』の感想です。

と言っても、前回と似たような内容なので、MTに関する部分だけに言及しますね。

ちなみに私の寄稿はP80~『文系出身・メディカル翻訳者のスキル習得方法』なので、
興味のある方は読んでね♡(⋈◍>◡<◍)。✧♡

まず、P16~「AIの時代がやってくる メディカル翻訳におけるMTの可能性」(by(株)アスカコーポレーション)

「特にメディカル分野で課題となるのはデータの蓄積です」
「NMTの精度を上げるには100万センテンス単位という大量のコーパスを確保することが必要だと言われている。」

ていうか、もっと対訳データが少なくてすむように、
NMTエンジンのアルゴリズム変えられないのかなー。

「SMTは言わば旧世代の技術であり、NMTに比べて訳文の流暢さに劣るが、それでもあえて使っているのはなぜか。それは、用語集を厳密に適用させることができるという利点があるから。」

これ、同じこと他のメディカル分野の翻訳会社さんからも聞いたわ。

「ポストエディットであれ翻訳であれ、品質を確保するためには、翻訳について詳しく、メディカルの知識も豊富な翻訳者の方に、今後もメインで活躍していただきたいと考えています」

これはその通りだと思う。ポストエディットの品質を確保できるのは、いちから翻訳できる人だけだから。

P53:「Column メディカル翻訳とCATツール&MT」
表2●機械翻訳(MT)を実際の案件で使用するか?

最も多いのは「使ったことはない」(17社)、次いで「使ったことはあるが、実際の案件に使えるレベルではなかった」(10社)
下訳として使用しているところも数社あるみたいだけど、あとはこれから(打診中・検討中)って感じですね。

P69:「COLUMN メディカル分野の翻訳と機械翻訳(AI)」
「優秀なAIを搭載していても機械翻訳は単体では完成品を生み出すことはできず翻訳をよく知る技術者の貢献があってはじめて、本当の意味で使い物になるものであろうと考えています。」
ちなみにこのコラムは森口先生の誌上レッスンの最後に付いていたんだけど、森口先生のご意見なのかな?

大阪は雨☔の日が続いてます。

雨続き。


さて、JTFジャーナル2018年9月/10月号(No.297)のIJET-29 大阪特集に寄稿しました。←ローズ三浦は、IJET-29 大阪の広報・スポンサー担当です。

寄稿にご協力いただいた他の報告者・写真撮影をしてくださった皆さま、誠にありがとうございました。
おかげさまで、素敵な報告文になりました♡

何人かで寄稿したのですが、
ローズ三浦は、「あいさつ文」「機械翻訳による実務案件の納期短縮と原価低減はこれからどう進むか?」「翻訳者の脳科学」を担当しました。

「機械翻訳による実務案件の納期短縮と原価低減はこれからどう進むか?」は、JTF側から多少編集がありました。
あ、「翻訳者に支払うPE単価をいきなり下げるのはやめたほうがよい。」というのは、
あくまで河野先生のご意見ですからね^^

「翻訳者の脳科学」の方は、ほとんど修正が入っていません。
自分的には、今までの人生で一二を争う出来(←自称)。

「翻訳者の脳科学」の最後の一文は、翻訳業界全体に対して声を大にして言いたいですね。

9/29に、おなじみの「医薬翻訳・通訳完全ガイドブック」(※数年ごとに更新版が出る)の最新版、
メディカル翻訳・通訳 完全ガイドブックが発売されます。

それに体験談(2P)を寄稿しました!

医薬翻訳を始めたきっかけや、業界への入り方、レベルアップ方法、おすすめの参考資料など・・・
ブログに書いていない裏話・裏技(?)も書いてますので、
みんな買ってね!(⋈◍>◡<◍)。✧♡

こんばんは。
大阪は雨☔が続いています。
急激に気温が下がって、朝夕は半袖だと寒いくらいです💦
本を読むのには最適ですね。

本。


さて、翻訳祭に申し込みました。
交流パーティーは残念ながら「売切」となっていましたので、不参加です。
26日の午後のみ参加します。
聴講予定のセッションは、
「深層学習による自然言語処理の進展」「あなたがつくる医学翻訳の未来:Prescription for Survival続編」です。

「深層学習による自然言語処理の進展」は、
自然言語処理で有名な京大の黒橋教授がスピーカーですね。
質問できるチャンスがあればいいな!

「あなたがつくる医学翻訳の未来:Prescription for Survival続編」は、
医薬専門の翻訳会社3社によるパネルディスカッション。
今、当方は個人翻訳者→翻訳会社へ移行中なので、
今後は他の翻訳者ではなく、他の翻訳会社が競合となるため、
各社の動向が気になるところ。

翻訳祭に行かれる方は、会場でお会いしましょう!

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

お盆期間中、当方は通常営業です。

よろしくお願いいたします。

エッジ・トランスレーション
代表 三浦 由起子

久しぶりにセミナーのまとめです(2件)。
大阪は台風🌀来るせいか、涼しいです。

◇国立循環器病研究センター × ナレッジキャピタル:「脳卒中ってどんな病気」◇
「最近ではカテーテル治療を行う医師もいます」にEndovascular Neurologistという英訳が当てられており、
ニヤッとしてしまいました。←専門分野なので。

脳卒中とは、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血等を全部ひっくるめた呼び方だそうです。
脳卒中は、要介護疾患の第1位であり、本人だけでなく家族にも多大な負担がかかる病気です。
最大の危険因子は高血圧だそうです。

◇国立循環器病研究センター市民公開講座:「緊急性の高い血管性疾患の治療」◇
ナレッジキャピタルのセミナーでご紹介があったので、急遽参加しました。
無料ですが、場所が茨木で駅からも遠かったです・・・(自分的には、500円払ってもグランフロント大阪でやってもらえる方がありがたい)。
無料にもかかわらず、発表資料や「かるしおスプーン」など、たくさんいただきました。

「緊急性の高い血管性疾患の治療」資料。

「かるしおスプーン」。
「かるしおスプーン」

・急性心筋梗塞症に対するカテーテル治療
急性心筋梗塞は、冠動脈硬化が進行した結果発生し、早急にカテーテル治療による再灌流(再び血が流れるようにする)治療を行うことで予後(手術後の患者の状態)が改善するそうです。冠動脈バルーン拡張・ステントの原理や、血栓吸引・末梢塞栓捕捉デバイス、経皮的冠動脈カテーテルインターベンション(PCI)についても少し触れてました。

・緊急でも安全・安心の冠動脈バイパス手術
毎年健康診断を受けてて問題なくても、急になるらしいです。
緊急冠動脈バイパス手術を実際手術している動画で紹介してくださり、おもしろかったです。
心臓は動かしながら手術し(心臓を止めると死んでしまうので、よく考えると当たり前ですが・・・)、心臓表面の1.5mm位の血管をピンセットでべりっと剝がしていました。
これ、普通にやってるけど、ゴットハンドじゃね?
現在、国循の脳血管部門は、外科(脳神経外科)の20名だけでなく内科(脳血管治療)も40名いらっしゃるみたいですね。
(外科的治療・内科的治療の両方があるので)

・脳卒中にならないために
ナレッジキャピタルの方のセミナーと若干かぶってましたが、それ以外のことも言ってました。
脳卒中のうち、
脳梗塞・一過性脳虚血発作は、脳を栄養している血管が詰まる病気、
脳出血・くも膜下出血は、脳を栄養している血管が破れる病気、
だそうです。

・生活習慣病のパネルディスカッション
「パネルディスカッション」と書いてるので、てっきりパネリスト同士で議論するのかなーと思っていましたが、
5名の先生がそれぞれ10分ずつ喋るスタイルでした。

脳梗塞・心筋梗塞の薬として、抗血小板薬や抗凝固薬がありますが、
抗凝固薬のワーファリンを服用する場合は、納豆、クロレラ、青汁を食べるのを控えないといけないのですが、
これは、ビタミンKを含む食品を大量に食べると、ワーファリンの効果が打ち消され、血液が固まりやすくなるからだそうです。
こういうのもおもしろいですね~。

また、脳卒中の最大の要因は高血圧であるため(次に喫煙・肥満・糖尿病など)、
まずは生活習慣の見直しによる予防が大切だとおっしゃっていました
(内科的な要因が解決されないと、いくら外科的に手術しても意味がない)。

次は8/2のナレッジキャピタル「脳梗塞の治療最前線:血栓を溶かす・取り除く治療」、8/24の国循「血栓を作らない・取り除くために」に参加する予定です。

医療用語になじみのない方は、こういうセミナーや市民公開講座に参加して、日本語から覚えていくといいです(無料か非常に低額ですし)。

WHAT'S NEW?