Photo Gallery

あけましておめでとうございます!
ねずみ。

といいつつ、エッジ・トランスレーションは年末年始は通常営業ですので、
1/1の朝から普通に仕事してます。

今年は帰省もしなかったので、
正月感ゼロ。

さて、新年の抱負、というか、
今年の目標を書いておきますね。

● 「人を知る」人工知能講座で得た知識・知見を活かして、NMTエンジンを早く実装する
● MT研究者と連携して、翻訳業界の機械翻訳化をグイグイ進める
● 在宅翻訳起業コミュニティ会員を一掃する(※退会者は除く)
● 浅野正憲氏を詐欺罪で刑務所にぶちこむ


今年もよろしくお願いいたします!^^

平素は大変お世話になっております。
紅茶。

エッジ・トランスレーションは、年末年始は通常営業です。

ご依頼お待ちしております☆

もう12月ですね。
12月。

11月下旬に「人を知る」人工知能講座で2回東京に行った
→帰阪してからずっと仕事が詰まっておりましたが、
ようやく落ち着きました。

2019年の「今年の振り返り」は、近いうちにYouTubeで撮影する予定です。

来年の1月にAmazonのKindleで発売予定と言っていた「AI時代の翻訳者の生存戦略」は、
忙しすぎるため、執筆時間が取れそうになく、
申し訳ないのですが延期になりそうです。。(┬д┬)。。スミマセン。。

そもそも何かを書く時って、
インプット→インプットした内容を理解する→考察して自分の中で熟成させる→書く(アウトプット)
という工程が必要ですが、
時間がなさ過ぎて「人を知る」人工知能講座の内容を復習することもできないからです。

誰か、「時間」を売ってくれ。

エッジ・トランスレーションは、昨年に引き続き、
言語処理学会第26回年次大会(NLP2020)のシルバースポンサーになりました。

言語処理学会第26回年次大会(NLP2020)・シルバースポンサー

現地(茨城大学 水戸キャンパス)にも行き、懇親会にも参加予定ですので、
よろしくお願いいたします。

エッジ・トランスレーション
代表 三浦由起子

平素は大変お世話になっております。
コスモス。

「人を知る」人工知能講座 Session3参加のため、
下記の日程で留守にします。

11/20午後~11/22終日
11/27午後~11/30午前中


この間のお問い合わせは戻り次第順次対応させていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

エッジ・トランスレーション
代表 三浦由起子

今夜はコンサートを聴きにいってきました。

場所は天満教会(マジモンのキリスト教会です)。
天満教会。

本日はコンサートはバイオリンとピアノのデュオで、
バイオリニストは広島交響楽団第一コンサートマスターの佐久間聡一氏、
ピアニストは小林沙智氏でした。
2人共10代でプロデビューされており、まさに『天才』肌。

ピッチもで合わせてましたし、
2人共大胆に弾きこなしながらも余裕がある感じで、
スピード感のある曲で興に乗っても、
どちらかが突っ走ることもなくちゃんと合わせてました。

佐久間氏&小林氏デュオ。
佐久間氏&小林氏デュオ。
小林氏のソロ。
小林氏のソロ。

アンコール(チャルダッシュ)は度肝を抜かれましたが、
自分的には3曲目のスローテンポの短調の曲(ドヴォルザークの主題によるスラヴ幻想曲)の方が官能的で好きでした。

コンサートチケット。
コンサートチケット。
プログラム。
プログラム。

心が浄化されました。


翻訳祭2019の内容は動画でまとめる予定ですが、
写真はこっちにまとめて載せときます。

ホテル・部屋からの眺め
ホテルの部屋からの眺め。

ホテル・外観
ホテル外観。

ホテル・バー1
ホテル・バー2
ホテルのバー(ライブラリ風)。入口はハロウィン🎃仕様。

ホテル・ロビー1
ホテル・ロビー2
ホテル・ロビー3
ホテルのロビー。

ユニフォーム☆
ユニフォーム☆

会場(パシフィコ横浜・会議センター)
会場(パシフィコ横浜・会議センター)。

おみやげ(JTFどらやき)
おみやげ(JTFどらやき)。

ホテル・朝食1
ホテル・朝食2
ホテル・朝食3
ホテルの朝食。1日目はビュッフェ。2日目はなだ万でした。

楽しかったな☆☆

平素より大変お世話になっております。

パシフィコ横浜。

誠に勝手ではございますが、
明日(10/23)午後~10/25午前中まで、
翻訳祭のため不在にいたします。

その間のお問い合わせには、10/25午後~順次回答させていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

翻訳祭に行かれる方は、会場でお会いしましょう!♡✧(◍>◡<◍)。✧♡(セッション、交流パーティー共参加予定)

エッジ・トランスレーション
代表 三浦由起子

みなさん、こんにちは。
10月に入りましたが、昼間は30℃あり、異常気象
彼岸花。

さて、今回は海外の翻訳会社との料金トラブルの話です。

とある海外の翻訳会社から依頼が来ました。
支払いはUSDですが、その時はワード単価20円超える計算だったので、
「オッ、ラッキ~!」と思い、二つ返事で引き受けました。

その数日後、同じ翻訳会社から、
「これも頼むわ。あ、料金は前のに込みやから^^」←英語なので意訳

ん???????
聞いてへんけど~?
(というか、最初の案件受けた時は、他にファイルあること自体聞いてない)

私「USD 〇〇追加してくれるならやるよ。前のに料金込みって聞いてへんから」
担当者「直前のメールでも言うたけど、2番目のファイルの料金は最初のファイルの料金に込みやから(最初のメールで言うてなかったのは認めるわ)」←英語なので意訳
私「じゃ、USD 〇〇(最初に追加してくれと言った金額の半分)追加で、前払いならやるよ。本来ワード単価18円やけど、状況を考慮して精一杯譲歩するよ」
担当者「ボスに確認するわ」
~しばらくして~
担当者「USD 〇〇(2番目に追加してくれと言った金額のさらに半分)にしてもらえる?私にはどうにもできない」
私「・・・しゃーないな。でも今回だけやで!」


ということで、追加の金額が最初の希望額の1/4になり、
USD(というか、外貨全体)が下がっているため、
為替レートとか手数料とか差し引くと、
結局ワード単価9.5円換算になっちゃいました...(TдT ) (TдT ) (TдT )

多分、担当者が最初に言い忘れたんだと思うけど、
その料金なら最初から請けてない。
かわいそうと思って、最初から譲歩し過ぎたかな?^^;
(とりあえず、これからは断ることにします)

ちなみにその会社から昨日またメールが来て、
「前翻訳してもらった案件のレイアウト確認してや^^」←英語なので意訳
と言われましたが、無視。(最初の契約に入ってないし)

そりゃ、ワード単価9.5円でDTP後のレイアウトチェックまでしてくれたら、
翻訳会社側はいいですよねw

追加でUSD 100前払いしてくれたらしてやってもいいよ^^

ていうか、ホームページの単価でお仕事くださるクライアント様もいるので、
正直そういう会社はもう結構ですわ。


Twitterでアンケート取りました。
(投票数は42票。投票いただいたみなさま、ありがとうございました!)

翻訳単価は最大のモチベーション?

約3/4が「はい」と回答。
(「いいえ」の人は、何が最大のモチベーションなのでしょうか?)

WHAT'S NEW?