Photo Gallery

この前ヘアサロンに行ってきました。

そしたら新しいトリートメントをすすめられました。
シャンプーとセットで、そのシャンプーは巷では『魔法のシャンプー』と呼ばれているらしく(※俗称。正式名称ではない)、
たった1%のヘアサロンだけが取り扱いを許されるそうです。

ほんとかよ?と思いました。

というのも、詐欺翻訳講座が「魔法の○○メソッド」や「TOP 1%」という宣伝文句を使っており、
そういう言い回しに悪いイメージを持っていたからです。

でも、信頼する美容師が言うことだし(その人にはもう10年位お世話になっていて、その人がヘアサロンを移動するたびについていってるし、商品も散々買ってる)、
30%オフということで、いつもと300円しか違わなかったため、
試しにやってみよう、と思いました。


そしたら、
本当に見違えるほど変わったんです!!!


ついでにトリートメント前・後の写真を撮られました。
(本当に「劇的ビフォーアフター」過ぎて、宣伝に使われるレベルw)
これは魔法のシャンプーと呼ばれてもおかしくないと思いました。


これは詐欺翻訳講座にも見習って欲しい。
「魔法の○○メソッド」「TOP 1%」とかいうなら、
それなりのモン見せてよ
と思いました。


本当に効果が宣伝文句通りで、お客さんが満足してるなら、
「詐欺だ!」とかなんとか言われないのであって。
(でもそうじゃないから問題になってる)


次このヘアサロンで「前と同じの」で注文したら、トリートメントの30%オフがきかないから、
「あれ?料金高くなってる?」みたいな感じになって、
いつのまにかジワジワ単価上げてくる作戦っぽいw

まぁ、満足度が高いから、
話に乗せられてもいいかな、と思えるレベル。
「お客様に気持ちよくお金を払っていただける」レベルの物を提供する。
これは見習うべきだと思いました。


ヘアサロンの帰り際、こそっとシャンプーのサンプル(数回分)をくれました。
次、
絶対トライアルキット(ミニサイズのシャンプー+ミニサイズのトリートメントで2000円位)
買ってしまいそうwww



バレンタインデー。

とはいっても、
いつも通りの1日を過ごしているローズ三浦です

今、ミニサイズの食用ハーブを育てているんですが、
レモンバーム、バジル・イタリアンパセリ・ミントの4種類があるんですが、
バジルだけ発芽しました!!

子供が初めて立った瞬間みたいな喜びよう……←大げさ

そういう小さな喜びが日々の生活の楽しみになっています。

新しい部屋は日当たりがよく、晴れている日は1日中リビングに光が差し込むので、
幸福感がマシマシです(*´ω`*)

家具をどの程度置こうか悩んでいます。
スペースにある程度ゆとりがあるゆえの悩みですね。
(前の部屋はスペース的に最低限の家具しか置けなかったので、
悩む余地がなかった。。)


あと、基本情報技術者試験の勉強を始めました!

別にプログラマに転職したいわけではないのですが、
「プログラミングを勉強する」って何をどの程度勉強すればいいの?って感じなので、
勉強の指針と明確な目標が欲しくなったので。

友人のSEも基本情報技術者試験と応用情報技術者試験を会社から受けさせられてるので、
全く無意味ではないのかと思います。

まぁ、現場経験ン10年のプログラマとかなら、別にいらないのかもしれませんが、
私のような素人が「プログラマとしての基礎能力はあります!」ということを、
対外的に示すのに1つの指標にはなるのではないかと。

並行して翻訳インターンの添削もボチボチやります。

新年になってから、早1ヶ月経とうとしています。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
日々のスケジュールを淡々とこなす。

こちらは年明けに引っ越しして一段落し(まだ少し段ボール箱は残っていますが)、
通常業務をこなしながら、機械翻訳会社に渡すデータセットが準備できたので、提出しました。

次は確定申告。

あ、その前に、明日森口先生のJTFセミナーがあるので、その予習をします。

なんというか、余計な感情を入れずに、
自分で決めたスケジュールを淡々と消化する感じなんですよね。

で、予定より早く終わったら、他のタスクを繰り上げで行って、
バッファを作っとく。

やる気や気分には依存しないで、淡々とスケジュールをこなしていくことが大切です。



Happy New Year

昨年は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

エッジ・トランスレーション
代表 三浦 由起子

平素は大変お世話になっております。
【年末年始の営業のお知らせ】

年末年始の営業につきまして、
エッジ・トランスレーションは通常営業です。
但し、新規のお客様は通常料金の20%増しで前払いとさせていただきます。ご入金を確認できるものをご提示ください。
(既存のお客様は通常料金です。)

何卒よろしくお願いいたします。

エッジ・トランスレーション
代表 三浦由起子

Twitterで話題になっていたこじらせ英語女子の小説、
『英子の森』を読んでみた。
<注:ネタバレあり>
英子の森。

学会の受付のバイトをしながら通訳翻訳学校に通う主人公の現実と、『森』の妄想が入り混じり、
物語は進行していく。
『翻訳家』になりたい主人公はなかなか次の段階に進めず、くすぶっている。
一度は母の『森』を出ようとするが、
最後、主人公は母の『森』に戻る。


結論:沼ってるな。

私自身の話になるが、
自分も学生時代に学会の受付のバイトをやったことがあるが、
それから10年経ち、
翻訳者・エージェントとして生計を立て、
月商は100万を超えることもあるまでになった。

自分は大変運が良かった、と思う。
(もちろん、自分でも努力したが)

この小説のように、学会の受付のバイトの時に、
自分より一回り以上年上の女性も大勢いた。
(あの人達、どうなったんだろ?
今でもそのままなのかな?
まぁ、主婦の人も多かったから、それでも別にいいのかもしれんが)

自分とその人達、
そこまで能力差あるかな?って思う。

タイミングが少しでもズレていたら、
自分も英子みたいだった可能性もある。


そう思うとゾッとするが、
正直「なんで自分で考えて、切り開いていかんねん」という思いもある。

私なら、
少なくとも母の『森』には戻らない。

久しぶりにエッセイ的な記事です。

最近は在宅翻訳アカデミー(旧在宅翻訳起業コミュニティ、「翻訳の学校」も含む)の被害者同士で集団訴訟に向けた話し合いが進められていたり、
在宅翻訳アカデミーから派生した新たな詐欺翻訳講座も複数生まれていて、
その2つに関するブログ記事へのアクセス数がすごいです。

こちらは在宅翻訳アカデミーの被害者を救済したり、
新たな詐欺翻訳講座の被害者を未然に防いだりする意図で記事を書いているので、
アクセスしてくれるのはいいのですが、
そういう記事にばかりアクセスがあるのは少々悲しいです😢

さて、私のYouTubeチャンネルの方で、翻訳を解説した動画があるのですが、
「Minimize pocket sizeという文章から最大限に小型化するは思いつかないと思うのですが、
こういう訳しにくい文章の場合、どのような思考をたどって訳文を作っていますか?」
というコメントをいただきました。

私は本当はこういう建設的な議論をしたいのです。

しかし、残念ながら「悪評」とか「楽して儲かりそう」な記事の方が人々の気を惹くようで、
真面目な記事にはほとんど反応がない(というか、ほとんど誰も読みもしない)ようです。

どうして真面目に勉強しないのでしょうか?

「翻訳なら中高レベルの英語でできて、時給5000円!」的な広告を出す方も出す方だし、
それを見て、
「あ、翻訳って中高レベルの英語でできて、時給5000円もらえる仕事なんだ!」
と思ってしまい、調べもせずに入っちゃう方にも、
正直翻訳自体やってほしくないです。

せめて実際に自分でちょっと訳してみて、
広告のように簡単にできそうかどうかを考えてください。

うちにも新たな詐欺翻訳講座のうちの1つの講師に近い年齢の、年配の登録翻訳者の方がいますが、
翻訳の質もスピードも全然違うので、
翻訳者としては絶対に敵わない方ですね。

年齢が上がるにつれ、それなりのものを見せて欲しいし(管理職になるか、プレーヤーとして突き抜けるか)、
自分も無駄に年は食いたくないと思います(能力的に変わらないなら、若い子の方が採用されるため)。

後輩に「年取ったらああはなりたくない」と思われるような翻訳者、
というか、
そういう人間にはなりたくないですね。

古い城。

『メディカル翻訳・通訳 完全ガイドブック』、
2年ぶりの新版が出ましたね。
『新版 メディカル翻訳・通訳 完全ガイドブック』

前回は私も寄稿しました。

似たような内容が多いので、差分で気になった部分にだけ言及します。

・MSDさんが機械翻訳イケイケでクソワロ
こんなに機械翻訳に乗り気の製薬会社さんも珍しい。
内容は6月のJTF関西セミナーで話されていたことも多いようです。
(そのセミナーについては、私がYouTubeにまとめた動画がありますので、
ご興味がある方はこちら

・平均ワード単価がちょい下がってる?
前回(2年前刊行時)は、「翻訳者への報酬の例」で一番多かったのが11~12円でしたが、
今回は最多が10~11円(11~12円もほぼ同数ですが)。
1円くらい下がってるような…?

まぁ、うちは当時から4割単価上がってるんで、
関係ないですがw

・P59コラム「AI翻訳でメディカル翻訳はどうなる?」:
> 現時点では、メディカル分野のAI翻訳は熟練の翻訳者を超えるものではないですが、初学者のレベルはすでに超えていると思うときがあります。


草ァwwwww

これからメディカル翻訳者になりたい方にとっては、厳しい時代ですね……

このコラムは森口理恵先生の誌上レッスンの間のコラム?みたいな欄に書かれているんですが、
森口先生のご意見なのでしょうか?

・P72~「照会事項」(津山逸氏)
照会事項の発出から翻訳までの流れがわかりやすいです。


すでにメディカル翻訳をしている方にとっては、基本的過ぎる内容かもしれませんが、
これからメディカル翻訳を始めたい方にとっては、業界についてよくまとめられた本だと思います。

今日は休日だけど一日資料読みday。
休日だけど一日資料読みday。

JTFジャーナルで河野弘毅氏がDeepLについて解説してくださってますね。
機械翻訳の出力結果の比較表を出してくれていますが、
「EJ_医薬_CDC」に関しては、
Google TranslateとAmazon Translateが似たり寄ったりで、
DeepLがちょっとだけ良い?ような気がします。
(色々な意見があると思います。議論は歓迎します。)

あと、今月末に新版 メディカル翻訳・通訳 完全ガイドブックが出るようです。

WHAT'S NEW?