Photo Gallery

背景因子



昨日(4/8)発売の『新版 医学・薬学の翻訳・通訳完全ガイドブック』、早速getしました。
多分、2011年版・2014年版と内容あんま変わんないんだろうなー、と思いつつも、
業界の最新情報値段を知りたいので、一応購入。
案の定、ほとんど変わらない。

巻頭インタビューは、医薬翻訳者の三浦朋子氏。

三浦カブりじゃんw

今後「医薬翻訳者の三浦」って言ったら、「どの三浦?」ってなりそうだし(他にも三浦っていそうだし)、
ということで、
今日からローズ三浦に改名www(マジです)

値段に関しては、和訳しか値段書いてくれてないんだけど、
筆者の値段平均的かな。
てか、英訳の値段書いてよ。そこ重要でしょ!

あと、業界の最新動向として、「開発はアンメット・メディカル・ニーズに対応するバイオ医薬品へシフト」って書かれてあるが、
これは筆者の感覚とも一致する。

ちなみに、「医学・薬学誌上翻訳レッスン」を森口先生が担当してくれてるから、ヒマな時にやろうっと。

懸濁液



血中濃度という意味での『値』の場合、valueではなくlevelとすることが多いです。
例:血糖値→blood glucose level

標的結合

【治験・患者の治療経験などの】過程

筆者の場合、うまく訳せずにモヤモヤしたまま納品した時は、
自分の中でうまく消化できていない(理解していない)まま訳出したんだと思う。

理解していないために【言葉の言い換え】ができず、
調べて出てきた名詞をそのまま使用するため、つなぎが不自然になる。

これは自分の勉強不足。

解剖学、生理学、薬理学、あと生物学の基礎も勉強中なんだが、
特に薬理学が激ムズw
各分野には相互作用があり、徐々に全体像が見え始めている。

というか、『人を治療する』という目的のためにここまで分野が細分化していることにビックリw

次は免疫学あたりかな。

類縁物質
ターゲットプロダクトプロファイル
修飾

WHAT'S NEW?