Photo Gallery

翻訳をやっていると、時折どうしようもなくああああああーーーーー!ってなる時があります。


例えば、


・文芸系の翻訳で、締切が近いのに良い訳が思い浮かばず、1時間で1行も進まない時

・昼間普通に働いて、夜中にほぼ徹夜状態でやっている時(次の日ももちろん仕事)


どんな仕事でもスランプはあるものだが、
翻訳の場合、自分ひとりの作業のため、
誰にも相談できず、手伝ってもらうこともできないため、

精 神 的 な 追 い つ め ら れ 感 が半端ではない。


ノっている時(いわゆるフロー状態)時は、
この世の天国だが、
反対に進まない(ドライ状態)時は、
マ ジ で 生 き 地 獄 。


作家で自殺する人いるけど、ちょっと気持ちわかる。
翻訳って、ある意味『物書き』だよね。


そういう時は、


1、散歩に出る
2、カフェでボーーーッとする(翻訳のことは一切考えない。)
3、友達と話す


特に3は、非常に気晴らしになります。


人間、いくらひとりでいるのが好きでも、
全く人と関わらないと、精神に異常をきたすんだな、って身をもってわかります。

友人のありがたさを感じる時でもあります。

友人樣方、いつもありがとう。





WHAT'S NEW?