Photo Gallery

個人プレイと思われがちな翻訳者。

しかし、翻訳会社を通した場合、
コーディネーター、チェッカーの方など、
多くの人間が仕事に絡むことになる。

大事なのは、
自分のところでバトンを止めない
ことと、
次の人が受け取りやすいようにバトンを渡す
ことである。

具体的には、
・レスポンスを迅速に行う
・メールは要点を押さえた箇条書きにする
・翻訳内容に必要があればコメントを添える


など。

これは翻訳に限った話ではなく、ビジネス全体にも言えることである。
今回は翻訳のハード面からの効率化について書いてみようと思います。

筆者の現在のパソコンはこんな感じ。



1、デュアルモニター
これによって劇的に効率が向上!

導入してからは、
むしろ 今 ま で シ ン グ ル モ ニ タ ー で ど う や っ て 仕 事 を し て い た ん だ と思う程のスムーズさ。

2、キーボード、マウスを自分に合ったものに変える

そんなのパソコンに最初から付いてるやつでいいじゃん(文字打てたらいいじゃん)、という方もいるでしょう。

筆 者 も そ う 思 っ て ま し た 。

しかし、手の大きさや指の長さが合わないと、長時間作業してるとどうしても無理がかかってしまうんです。

わずか数千円出すことで、余分な負荷がかかるのをかなり軽減できます。(全く痛くならないというのは不可能ですが)
ちなみに筆者は家電店のポイントで購入したのでタダでしたw

買わなくてもいいので、試しに家電店とかで実機を色々触ってみて、自分に合うものを探してみることをおすすめします。

翻訳の効率化には、
“仕事をスムーズにできる環境を整える”
ことも大切です。

WHAT'S NEW?