Archive2014年09月 1/1

modification

No image

修飾...

  •  0
  •  0

『アンのゆりかご-村岡花子の生涯』の感想

No image

英語ができることが“特別”であった時代。というか、英語以前に女性が教育を受けること自体が珍しかった時代。主人公は非常に恵まれた教育環境を与えられたと思う。全体としては、「時代に翻弄されながらも自立していく一人の女性の物語」という感じで、伝記的要素が強かったが、翻訳者の私としては、もう少し翻訳に踏み込んだ内容が欲しかった。(「この○○という英語は、一般的には△△という意味であるが、~という状況に照らし合わ...

  •  0
  •  0

医療翻訳の勉強

No image

ちょっと時間が空いたので、筆者は只今基礎医学の勉強中。今まで全っく興味がなかった分野でも、翻訳という作業を通すとイキナリ興味津々になる筆者。ちょうど、好きな人の周りにいる人まで良く見える感じである。翻訳とは、理想を言うなら、書き手(医療分野なら医師や薬剤師等)と同じレベルがベストであるが、実際には不可能である。しかし、少なくともその方達の言葉を「理解」できなければ、翻訳者という職業は勤まらないので...

  •  0
  •  0

通訳翻訳ジャーナル2014年秋号の感想

No image

今回のテーマは、『エージェントに選ばれる翻訳者・通訳者になりたい』。これ、切実(泣)予想に反して、ごく当たり前なこと(納期・指示を守る、レスポンスが早い、コミュニケーションが取りやすいなど)しか書いていなかった。。(それすらできない翻訳者が多いってことだけどw)ちょっと期待外れだったが、ある翻訳者さんへのインタビューで、「営業したことない」って書いてあり、営業したことない翻訳者は、ガチ(実力者)。...

  •  0
  •  0