Archive2014年12月 1/1

今年の総まとめ

No image

最近さすがにフザけ過ぎたのではないか・・・と反省したので、今日は真面目にいきます。一応医療関係の翻訳をメインにやっているため、信用にもかかわるので。(オフィシャルブログでAAやるのは、筆者くらいのものでしょうwww)☆2014の経験☆・Tradosを購入。さっそく案件が来る。値段の元は充分取れる。最初は使い方に手こずったが、慣れると超便利。担当案件では、前の方々の遺産である「翻訳メモリ」のクオリティが非常に高く、驚...

  •  0
  •  0

☆☆やる夫とやらない夫の年収1000万翻訳者への道☆☆

No image

             ____      /      \    /  _ノ  ヽ、_  \   / o゚((●)) ((●))゚o \  このままじゃとても年収1000万の翻訳者に  |     (__人__)     |  なれそうにないお…   \     ` ⌒´     /        ____      /      \    /  _ノ  ヽ、_  \   /  o゚⌒   ⌒゚o  \  『文系でも年収1000万円の医療翻訳者   |     (__人__)...

  •  0
  •  0

Simplicity is the ultimate sophistication.

No image

『洗練を突きつめると簡潔になる』。この名言はスティーブ・ジョブズ発かと思っていたが、元ネタはレオナルド・ダ・ヴィンチらしい。ダヴィンチ凄過ぎだろ。ジョブスの伝記(日本語版)に、こんな一節がある。“ジョブズは複雑さを乗り越えたところにあるシンプルさを求めていた。複雑さを無視したシンプルさではないのだ。”『スティーブ・ジョブズ』(訳・井口耕二氏)ちなみに伝記を読んだ当時は、邦訳をされている井口氏が日本翻...

  •  0
  •  0

与沢翼氏の商法に学ぶこと。

No image

筆者は与沢翼氏の商法を肯定するものではございません。【一部の要素】を自分の商売に活かせる、というスタンスです。1、“個人”を売るこれは、個人事業主の方には全員あてはまる発想ではないかと。同氏がおっしゃるように、個人を“ブランド化”するということです。ブランドというのはある種の『権威』や『信頼』であり、ブランドが付けば、例えば高額セミナーとか講座でも集客できるようになるらしい。筆者はそのような教育ビジネ...

  •  0
  •  0

価格交渉は、男女の駆け引きに似て非なるもの。

No image

男女関係は、「ホレた方が負け」と言われる。これは、ビジネスにおいてもまた然り。翻訳業界の場合で言うと、翻訳会社側から声がかかった場合、「最低〇〇円からお願いしております。」(←かなり強気の値段設定)と言えるし、案外その値段が通ったりする。しかし、翻訳者側から応募すると、逆に「新規の方は○○円から~」(←めっちゃ安い)と言われたり。もちろん、応募者の実力に応じて、言う値段は変わると思われる。以前会社勤め...

  •  0
  •  0

『請負』というカラクリ

No image

フリーランス(請負契約)は、労働基準法適用外。『最低賃金』や『労働時間』の縛りがないため、極端な話、時給換算200円で24時間働くことになっても、本人がいいと言えばよいのである。(その代わり、リーマンと違って仕事を断ることもできる。)ネット上だと英語1ワード0.1円とかいうのも見たが、翻訳者の平均スピードだと、それ時給換算20円ですよ。受けるかどうかは本人の自由だが、よく考えた方がいいと思う。そこまで極端には...

  •  0
  •  0

フリーランス翻訳者として生きるということ。

No image

この業界って、結局は実力がある人が生き残っていくんじゃないかな。自然に淘汰されていく。それがこの業界のシビアな面であり、合理的な面でもある。『入る』より『生き残る』ほうが難しいのである。一般的な内容の翻訳者は、すでに飽和状態だろう。英会話学校とかと一緒で、参入は比較的簡単だが、競合他社が多いため、市場の原理で自然と値段が下がり、お客さんの取り合いになる。医療分野は、一般的な内容の翻訳よりは参入障壁...

  •  0
  •  0

アブストラクトの英訳

No image

最近何件かアブストラクトの英訳をした。医学論文は和訳は結構経験あるけれど、英訳は和訳に比べるとかなり少ない。ここから新たなステージの始まり!という感じである。最終的には世界的に有名なジャーナルにそのまま投稿できるくらいのレベルを目指す。中には知らない分野もあったため、英訳以前に日本語でも内容が理解できず、まず日本語の意味から調べるハメになったwその後、PubMedで、似たような内容の論文を探して読みまく...

  •  0
  •  0