Photo Gallery

“挑戦”案件は自分を成長させてくれる。
私にとって挑戦案件とは、アブストラクトや医学論文(全文)の英訳である。
難易度が高くてアカデミックなおもしろさがあるし、
今やってる英訳の勉強(DHC日英メディカルコース)を実践に活かせる場でもある。

ちなみに翻訳例のレベルが高過ぎて、
もうムカつくレベル(#^ω^)ピキピキ
(常に私の2歩先を行ってる感じ)
しかし、このレベルで訳出できるようになれば、
自分も一流になれる(ハズ)!


さて、アブストラクトや医学論文は単価自体は高いことが多いが、
知らない分野だと調べるのに め ち ゃ く ち ゃ 時間がかかるため、
時給換算だと結局スーパーのレジ打ち並になってしまったり。

やりがいはあるが、
そのような案件ばかりやっていると、
生活費が足りなくなってしまう。

生活の安定は、とても大切なこと。

「このままだと家賃払えんかも・・・」って焦ると、
正常な判断力を失って、
本来断るべき案件を請けてしまうからである。

定期案件・トラドス案件・あまり頭を使わなくてもよい案件を、ある程度の量をこなして最低限稼いでおく+高難易度案件に挑戦という感じである。

何事もバランスが大事。

WHAT'S NEW?