Photo Gallery

歯医者に行ってきました。

受付にあった学会誌が、つい最近翻訳やった分野だったのでガン見。

最初にデジタルレントゲンを撮影したのですが、
機械が回転中に

チロチロリン~♪

みたいな音楽が流れてきて、
歯を食いしばった状態のまま
笑いをこらえるのに必死www

席に着くと、男性医師が目の前のモニターでレントゲンを見せながら、
今の状況とこれからの治療計画について丁寧に説明してくださいました。
最近の歯医者はススんでるな!

レントゲンを見て、現在の自分の口内の状況に唖然。。( ゚д゚)

で、肝心の治療についてですが、
虫歯がかなりひどい状況なので、
ざっくりですが合計5~6万3か月ががりになるそうです。

還付金戻ってきてよかった。
あと、
国保ちゃんと支払っててよかった。

あと、治療後に「かなり炎症を起こしているので、お薬出しときますね」とのこと。

もらった薬↓
歯医者の薬

自分が飲む薬となると、すげー気になるな。

筆者は普段すこぶる健康なので、
健康診断とコンタクトレンズの検診くらいしか病院に行かないため、
久しぶりに患者さんのキモチを味わったな。

医療翻訳が最終的に影響するのは患者さんなので、
仕事をする上でその人たちのことは常に忘れてはいけないよね。

WHAT'S NEW?