Archive2016年06月02日 1/1

翻訳について

No image

翻訳とは、本来絶対に等しくできない2つのものをいかに100%に近づけるかを競う職人芸である。そもそも英語はアルファベット26文字、日本語はひらがな・カタカナが46文字(あと漢字もある)なのに、なぜ、こんな芸当ができるのかというと、文字ではなく概念が等しくなるようにするものだからである。しかし、概念とは曖昧なものである。まずInput(理解)の時点で解釈に差が出て、さらにOutput(表現力)に差があるため、二重にズ...

  •  1
  •  0