Archive2016年09月 1/1

JTFジャーナル2016年9月/10月号感想&その他

No image

●JTFジャーナルの感想JTFジャーナル2016年9月/10月号がissueされました。翻訳業界の団体学会についてですが、筆者はJATに入っています。ちなみに私とJATは同い年^^Benさんは理事長になられたんですね~(←前に会った時には副理事長だった)。JATの凄いところは、ボランティアによって運営されているところ(=専従の事務局がない)です。しかも、メンバーやセミナーのレベルが高い。“Pay it forward”っていい言葉だよね!私も余裕が...

  •  0
  •  0

ご遠慮いただいております

No image

お問合わせいただけるのはありがたいのですが、以下の場合はご遠慮いただいております。・HPに提示している値段よりも明らかに安い(医療は和訳1単語12円~と書いてあるのに8円など)・トライアルだけさせて返事もしない(冷やかし?)・トライアルに最近落とした or 結果を通知していないのにもかかわらず、同じ会社の別の部署からトライアルのお願いが来る(社内で連携が取れていない?)現在のところ、筆者の実力を見ていただい...

  •  0
  •  0

秋の飲み会。

昨日は以前勤めていた会社の方の誕生日会でした。場所は心斎橋 ライム。1万匹の熱帯魚が泳ぐアクアリウムダイニングです。水族館に行く時間がない人は、代わりに行ったらいいかも(笑)その方の誕生日会にもかかわらず、結局おごっていただいてしまいました。。(※サプライズのケーキ代だけ出した)他のテーブルは合コンだらけ(笑)若者向けのお店かな。入口。イベリコ豚。うまし。アールグレイティーのスイーツ。二次会のバーで...

  •  0
  •  0

翻訳祭のプログラムが発表されました。

No image

翻訳祭のプログラムがようやく発表されたようです。→https://www.jtf.jp/festival/festival_program.do今のところ、下記に参加予定です。・翻訳とはなにか~足元を見直そう~・誰も教えてくれない翻訳チェック ~翻訳者にとっての翻訳チェックを考える~・ディープラーニング、統計、ルール、使えるものは何でも使う最先端の『音声・言語』処理技術・国内医療機器メーカーにおける日英・多言語機械翻訳活用事例 ~メーカーとMTコン...

  •  0
  •  0

3連休明け。

No image

3連休明けですね。皆様はどのように過ごされましたでしょうか。この3連休は、台風の影響で、行楽にはイマイチだったかも知れませんね。さて、筆者は、事業拡大に向けて、自分以外の人の動きを考慮しないといけないので、気が疲れています。(思うように動かなかったり、思ってもみないトラブルが発生したり)本来筆者はそーゆーのが得意じゃないから翻訳者になったのですが。。一介の翻訳者の方が、気はラクだな。一番大事なのは、...

  •  0
  •  0

千里ライフサイエンスセミナー『エクソソーム研究の最前線:疾患のメカニズム解明から診断・治療まで』の感想

No image

本日は千里ライフサイエンスセミナー「エクソソーム研究の最前線:疾患のメカニズム解明から診断・治療まで」に行って参りました。本日納期の案件があったのですが、意地でもエクソソームのセミナーに行きたかったので、夜中1時までがんばって終わらせましたwちなみに第15回NanoSquare Cafeで講師をされていた中瀬氏は講演されませんでした。セミナーは平日にもかかわらず大盛況で、満席(3人掛けの間に空席なし)+後ろに補助椅子...

  •  0
  •  0

study center

No image

【治験】試験実施施設...

  •  0
  •  0

もしかして。

No image

お客様からフィードバックをいただきました。 「こちらの専門用語の伏字が多かったにも関わらず、内容は適切に英訳されていました。」そう。文章が虫食い状態にも関わらず、入る単語が手に取るようにわかったんです。それは私がエスパーだからではなく、今話題のアレか、その周辺研究である可能性が高いからです。タイムリー過ぎて、思わずニヤリ( ̄+ー ̄)...

  •  0
  •  0

読書:『赤目姫の潮解』の感想

No image

久しぶりの森博嗣。ちなみに英題は"Lady Scarlet Eyes and Her Deliquescence"。森氏の作品には、タイトルとか見出しに所々英語の副題が付けられているのだが、そのセンスが抜群!(゚∀゚)これはご本人が考えられているのでしょうか?だとしたら翻訳者も形無しって感じw相変わらずの森イズム。物語は、話し手である医師の篠柴、小説家の鮭川、そして赤い目をした美女、通称"赤目姫"が、ある屋敷に向かうところから始まる。中盤は次々と...

  •  0
  •  0

拝みました。

No image

前払いしていただいたお客様からは特にクレームもなく、さらに新しい案件を前払いでいただきました。どうやら騙しではないみたい。むしろ、稀に見る優良顧客かも!?フリーランス翻訳者は基本『下請け』で支払いサイトが遅いため、前払いがあると、急にキャッシュフローが改善されます。特に、ほぼ1ヶ月がかりでやった翻訳案件の入金が3ヶ月後の時とか。そんな時に前払いしてくれるお客様が現れたら、拝む勢いです。というか、拝み...

  •  0
  •  0

〇〇の秋

No image

9月に入って、朝夕はだいぶ涼しくなりましたね。〇〇の秋とは言いますが、筆者にとっては、断然勉強の秋。(ていうか、秋だけじゃなくて通年だけど)前払いしていただいた案件も無事終わり、一段落したので、先月のアイエム翻訳サービスさんのセミナーの資料の復習&アスカさんの広報誌を読んで今月のエクソソームのセミナーの予習をしております。(※奇しくも同セミナーで基調講演をされる落谷孝広氏の記事が出ているため)・・・...

  •  0
  •  0