Photo Gallery

昨日はJTF関西セミナー『あなたもきっと納得、これが求められる医薬翻訳のポイント!~事前課題あります~』に行って参りました。
1年ぶりの森口先生のセミナーです。

◇セミナー◇

おなじみの課題返却。

今回課題を提出したのは35名で、
評価レンジは、
A なし
B+ 2名
B 6名
B- 6名
C 14名
C- 複数名
D 複数名

らしいです。

ちなみに筆者はB-

・・・・・
上に8人いるな。


まあ、昨年はCだったので、
ちょっとは評価上がったし、細かいミスが多かった(多分オマケでB-にしてくれた感じ)ので、
よしとするか。

informがまさかのヒッカケっていう。。

One Healthはそのままでよかったのね。。

sheddingを「排菌」と訳したところはさすが!

最後の文の「partially explain(※直訳:一部を説明する)」を「一部は説明がつく」としていたのはナイス!
そこ悩んだんですよ。。

◇懇親会◇

場所はリナーシェ
厨房前までオサレ!

厨房前。

スパークリングワインで乾杯!
スパークリングワイン。
アペタイザー。
アペタイザー。
メイン。
メイン。
パスタ。
パスタ。
デザート。
デザート。

東京から成田幹雄氏がお越しになりました!
なりた先生と。
(ちなみに筆者の口紅は、2/3限定発売のゲランのキスキス ローズリップ)

企業内の翻訳者の方もいて、おもしろかったな~。

みなさま、ありがとうございました。
2/16のJATの見学会行く人はよろしくお願いします☆

WHAT'S NEW?