Photo Gallery

JATの会員誌である『翻訳者の目線』が、今年も公開されました。

筆者も寄稿しました。
翻訳祭のミニ講演会と同じ『AI時代の翻訳者として』という表題ですが、
翻訳祭ではもっと深い内容を話します。

WHAT'S NEW?