Photo Gallery

これから翻訳業界では、機械翻訳の発展に伴い、新しい職種が生まれそうですね。
例えばコーパス管理者(仮)や、機械翻訳メンター(仮)とか。

コーパス管理者・・・機械翻訳に入っているデータの管理をする。
機械翻訳メンター・・・機械翻訳の精度を向上させるため、機械翻訳の訳文をチェックして、改善点を見つける。

いずれも上級翻訳者の仕事ですけどね。

というか、いずれ私は自分が翻訳会社経営者兼NMTエンジンのオーナーになるため、
勝手にそういう職業を自分で作って、人にやってもらうこともできます。
そうなるというよりは、そうするということです。

The best way to predict your future is to create it.

昨日は【JTCA×JTF コラボレーション企画】「機械翻訳の活用と、生産性の向上~生産性を上げるために本当に必要なこと~」のセミナー参加&商談のために、日帰りで東京に行ってまいりました。

東京駅。

大阪から行く上、東京駅着いてからも、セミナー会場である東京学芸大学まで小一時間かかるっていうwww

こんな辺境に朝から行く奴他にいねーだろwww
と思っていたら、
会場は満員(200名くらい)。
(他にサテライトの部屋もあった)

最初にエラい人達の挨拶があり、
(JTF会長の東社長も挨拶されていました)
次にSAPジャパン・佐野様のお話、
その次にMK翻訳事務所・梶木様のお話、
そしてJTCA黒田様のお話(※これはプログラムに書いてないし、資料もない)、
最後に質疑応答の時間が30分間ありました。

質疑応答では、
私からはSAPジャパン・佐野様にはMTサミット以降の日本語のポストエディット案件の変化、時間給にしたか」を質問し、
MK翻訳事務所・梶木様には「『学習型機械翻訳』とはどのようなものか、およびその導入をやめた理由」を質問しました。

午後からは東京駅周辺で商談だったので、
セミナー終了後すぐトンボ返り。
🍙を齧りながら移動するハメになりましたwww

スピーカーの方々と名刺交換する時間もありませんでした・・・
(このブログ見てたら連絡ください☆(ゝω・))


充実した東京出張でした!

WHAT'S NEW?