Photo Gallery

今回は、本のレビューです。 

紹介する本は、『自然言語処理(改訂版)』(黒橋禎夫)です。 



<本の目次> 
1 自然言語処理の概要と歴史 
2 文字列・テキスト処理の基礎 
3 系列の解析 
4 コーパスに基づく自然言語処理 
5 系列の解析(2) 
6 意味の解析
7 構文の解析(1) 
8 構文の解析(2) 
9 意味の解析(2) 
10 文脈の解析 
11 情報抽出と知識獲得 
12 情報検索 
13 対話システム 
14 機械翻訳←ニューラル機械翻訳追加
15 まとめ

☆動画の内容☆
・本の目次紹介
・5つの基礎解析
・ニューラル機械翻訳の説明
・Google翻訳のNMTエンジン適用時の翻訳業界の反応 
・本日のバラ 
・リカレントニューラルネットワーク(RNN) 
・attention機構 
・NMTのデメリット 
・BLEU 
・n-gram 
・マルコフモデル
・まとめ 

<参照URL> 
・放送大学のインターネットラジオ http://radiko.jp/#!/live/HOUSOU-DAIGAKU 
※放送大学の学生じゃなくても、登録不要で無料で聴けます。

<本日のハイライト>
●機械翻訳研究者にとって「翻訳の精度が高い」=BLEUスコアが高い
●翻訳者と機械翻訳研究者では、『翻訳』が意味するものが全く違う。機械翻訳研究者にとっての「翻訳」とは、文字列を「記号」として、計算式で処理すること

機械翻訳研究者の話を聞くときは、
このようなことを念頭に置いて話を聞くといいかもしれないです。

また見てね☆

WHAT'S NEW?