Photo Gallery

OpenAIが開発した文章生成AI「GPT-3」の仕組みや、その応用例について、
数式なしでわかりやすく説明してくださっている良記事なので、
ご紹介いたします。

次なるAIのブレークスルーは言語分野で起きる
https://www.dhbr.net/articles/-/7225

>別の人物がつくったアプリは、意図的に難易度を高くした医学上の問いに正しく回答し、根底にある生物学的メカニズムを論じることができる。
>具体的には、そのアプリに10歳の男の子の呼吸器に関する症状を示し、その子どもが閉塞性呼吸器疾患と診断されて、投薬治療を受けたという情報を与えた。そのうえで、「治療に使われた薬品はどの受容体に作用する可能性が高いと思うか」という問いに答えさせた。
>すると、プログラムはこの問いに対して正しい回答を導き出し、その子どもが喘息を患っていて、一般的にはその受容体に作用する気管支拡張薬で治療されることを指摘できた。

これすごいな……
てか、もう怖いレベルですね……

>このように、文章作成、コーディング、サイエンスの領域にまたがって一般的推論を行う能力があることを考えると、このテクノロジーはジャンルを超えて、マネジメント、データサイエンス、物理学、生命科学など幅広い領域で活用できる可能性がある。

そのうち世の中がGPT-3が書いた文章だらけになって、
人類が乗っ取られちゃうんじゃないか
と思っちゃいますね。。

Twitterで話題になっていたこじらせ英語女子の小説、
『英子の森』を読んでみた。
<注:ネタバレあり>
英子の森。

学会の受付のバイトをしながら通訳翻訳学校に通う主人公の現実と、『森』の妄想が入り混じり、
物語は進行していく。
『翻訳家』になりたい主人公はなかなか次の段階に進めず、くすぶっている。
一度は母の『森』を出ようとするが、
最後、主人公は母の『森』に戻る。


結論:沼ってるな。

私自身の話になるが、
自分も学生時代に学会の受付のバイトをやったことがあるが、
それから10年経ち、
翻訳者・エージェントとして生計を立て、
月商は100万を超えることもあるまでになった。

自分は大変運が良かった、と思う。
(もちろん、自分でも努力したが)

この小説のように、学会の受付のバイトの時に、
自分より一回り以上年上の女性も大勢いた。
(あの人達、どうなったんだろ?
今でもそのままなのかな?
まぁ、主婦の人も多かったから、それでも別にいいのかもしれんが)

自分とその人達、
そこまで能力差あるかな?って思う。

タイミングが少しでもズレていたら、
自分も英子みたいだった可能性もある。


そう思うとゾッとするが、
正直「なんで自分で考えて、切り開いていかんねん」という思いもある。

私なら、
少なくとも母の『森』には戻らない。

エッジ・トランスレーションは、
2019年に続き、
言語処理学会第27回年次大会(NLP2021)のシルバースポンサーになりました。
NLP2021シルバースポンサー

オンライン懇親会にも参加予定ですので、 よろしくお願いいたします。

エッジ・トランスレーション 代表
三浦由起子

「翻訳学校ソエル」って、どうなのでしょうか?

「英検3級から最短3ヶ月でプロ翻訳家デビューを目指せる学校」
という触れ込みの女性専用の翻訳学校で、
ウェブサイトは素敵だし、
コミュニティもあって女子会みたいで楽しそうだし、
気になっちゃいますよね~^^
英検3級でもあこがれの翻訳家に!?

さて、この翻訳学校の代表の早瀬莉子氏という方は、
どういった方なのでしょうか?
早瀬莉子氏プロフィール
えっ、東芝シンガポールTV事業部と楽天株式会社で社内翻訳・通訳として働かれてた方なの?
すご~い!

ん?でも翻訳学校ソエルの公式Twitterを見ると……
「通訳は無理」ツイート
あれれ、「通訳とか、話す方は無理だな」って書いてある……?

東芝シンガポールTV事業部と楽天株式会社で社内翻訳・通訳をされていたのではないのでしょうか?

他にも、早瀬莉子氏と似た方を偶然ネットで見つけてしまいました。

在宅ライブチャット代理店動画講座 
https://zaitaku-dairiten-thanks.mixh.jp/movies/ 
「大谷 れいか」氏のFacebook 
https://www.facebook.com/reikaohtani77

早瀬莉子氏と同一人物に見えますが……どうでしょうか?

あと、早瀬莉子氏に似たアダルトチャットレディのドギツイ写真も見つけてしまいました。。(現在はチャットレディはしておらず、運営側に回っているようですが)
あえてここにリンクは貼らないですが、
ご興味のある方は「DXパフォReika1015の野外露出レポ」で検索してください
(※閲覧注意。いきなり裸の写真があります)

翻訳学校ソエルが『女性限定』である意味とは……?

もしかして、「英検3級でも翻訳家になれる!!」と謳い、
なれなかった人達を、
自分が運営しているチャットルームのチャットレディに誘導する気ではないでしょうか?

「女優募集!」で求人広告を出して、
実は「AV」女優の募集で、
面接に来た人をAV出演させるみたいな手口ですね。

別に最初から「チャットレディ募集!」とか書いてるならいいんですけど、
翻訳学校の『テイ』にするのはやめてほしいです。

ずっとそっち(チャットレディ)の業界でやっててください。
翻訳業界に入って来て、翻訳者志望者をそっちに誘導しないでください。

翻訳家ではないのに、
翻訳家の“フリ”をして、
「英語で夢を叶えたい人達を応援したい!」みたいなことを言わないでください。

あと、「英検3級でも最短3ヶ月で翻訳家になれるんだ!」とか思っちゃった人。
なれるわけないでしょ。

そんな甘い認識だと、
騙されてお金を巻き上げられたあげく、
最終的に売春させられてしまった
なんてことにはなりたくないですよね。


久しぶりにエッセイ的な記事です。

最近は在宅翻訳アカデミー(旧在宅翻訳起業コミュニティ、「翻訳の学校」も含む)の被害者同士で集団訴訟に向けた話し合いが進められていたり、
在宅翻訳アカデミーから派生した新たな詐欺翻訳講座も複数生まれていて、
その2つに関するブログ記事へのアクセス数がすごいです。

こちらは在宅翻訳アカデミーの被害者を救済したり、
新たな詐欺翻訳講座の被害者を未然に防いだりする意図で記事を書いているので、
アクセスしてくれるのはいいのですが、
そういう記事にばかりアクセスがあるのは少々悲しいです😢

さて、私のYouTubeチャンネルの方で、翻訳を解説した動画があるのですが、
「Minimize pocket sizeという文章から最大限に小型化するは思いつかないと思うのですが、
こういう訳しにくい文章の場合、どのような思考をたどって訳文を作っていますか?」
というコメントをいただきました。

私は本当はこういう建設的な議論をしたいのです。

しかし、残念ながら「悪評」とか「楽して儲かりそう」な記事の方が人々の気を惹くようで、
真面目な記事にはほとんど反応がない(というか、ほとんど誰も読みもしない)ようです。

どうして真面目に勉強しないのでしょうか?

「翻訳なら中高レベルの英語でできて、時給5000円!」的な広告を出す方も出す方だし、
それを見て、
「あ、翻訳って中高レベルの英語でできて、時給5000円もらえる仕事なんだ!」
と思ってしまい、調べもせずに入っちゃう方にも、
正直翻訳自体やってほしくないです。

せめて実際に自分でちょっと訳してみて、
広告のように簡単にできそうかどうかを考えてください。

うちにも新たな詐欺翻訳講座のうちの1つの講師に近い年齢の、年配の登録翻訳者の方がいますが、
翻訳の質もスピードも全然違うので、
翻訳者としては絶対に敵わない方ですね。

年齢が上がるにつれ、それなりのものを見せて欲しいし(管理職になるか、プレーヤーとして突き抜けるか)、
自分も無駄に年は食いたくないと思います(能力的に変わらないなら、若い子の方が採用されるため)。

後輩に「年取ったらああはなりたくない」と思われるような翻訳者、
というか、
そういう人間にはなりたくないですね。

古い城。

【医療機器】被包化

さて、在宅翻訳アカデミーの問題、
問題発覚後1年以上経つのに未だに続いているわけですが、
最近、在宅翻訳アカデミーに類似する翻訳講座を、
立て続けに2件観測しました。
詐欺まがいの翻訳講座。

坂口雅志氏

坂口雅志氏という方が講師をされている講座なのですが、
この方、今年の初め頃在宅翻訳アカデミーで講師をしていたという情報を得ました。
坂口雅志氏は、過去に在宅翻訳アカデミーで講師をしていた

浅野正憲氏の商法を見て、自分もできると思ったんじゃないですかね?
以前見たTrans Innovationの講師募集の求人によりますと、
講師の月収は19万程度と記載されていました。
この方、「翻訳歴40年」「翻訳者としての自身の年収も1,500万円を越えるまでに成長」と記載されていますが、
年収1500万円を超える翻訳者であれば、在宅翻訳アカデミーで月収19万円程度で講師はしない
と思いませんか?

翻訳学校 ソエル

“英検3級から最短3ヶ月でプロ翻訳家デビューを目指せる学校”という触れ込みで、
女性限定らしいです。
おそらく世間知らずの主婦狙いなのでしょう。
こちらのHP、11/5 21:00時点では、メルマガ登録しようとしてもまだ準備中なのかできなかったのですが(現在はメルマガ登録できます)、
その時点で「受講生の声」はありました。

メルマガ登録もできない状態だったのに、
「受講生の声」があったのはなぜでしょうか?

あと、「受講生の声」の何人かの顔写真が画像素材でした。
2020/11/21追記:現在は顔写真は削除されています)
「受講生の声」1「受講生の声」1の写真素材
「受講生の声」2「受講生の声」2の写真素材

写真素材はこちら


2020/11/21追記・変更:
そして翻訳学校ソエルの代表のプロフィールについて。

早瀬莉子
この「早瀬莉子」という方、ネットを調べてもそれらしい人物が出てこないのですが、
実名でしょうか?

twitterの顔写真が武島麻里(https://aibamiu.com/voice/takeshima-san)という方、
れいか(https://bit.ly/38ThKbu)という方、
および滝井麻里(facebook.com/mtakii)という方と同じなのですが、
どういうことでしょうか?

このことをtwitterで引用ツイートしたら、
矛盾ツイート
ブロックされました(笑)
ブロックされました

そして講師の方について。
佐藤謙治
この「佐藤謙治」という方は、
在宅翻訳アカデミーの「基礎英語習得講座」(TOEIC500に満たない人が英語力を上げるためのコース)の講師のようです。
在宅翻訳アカデミーの「基礎英語力習得講座」
「基礎英語力習得講座」の佐藤謙治氏プロフィール

2020/11/21追記:
他にも色々と矛盾があります。
ウェブサイトのプロフィールには「東芝シンガポール、楽天株式会社にて社内通訳歴10年」と書かれているのに、
2020/11/20に「通訳とか、話す方は無理だな」とツイートされていたり、
「通訳は無理」ツイート早瀬莉子

2020/11/21に「今翻訳学校ソエルの各コースの内容を検討して、コンテンツ作りを講師の方と一緒に進めています」とツイートされているのに、
公式ウェブサイトの方には「ソエルに入校して、おかげさまで半年でトライアルに合格。」という受講生の声があります。
「今コンテンツ作り進めている」ツイート入校して半年でトライアルに合格した受講生の声

特に翻訳学校ソエルの方は、
詐欺がめっちゃ雑ですね~~(笑)

*************************************************************************
もう全員グルという感じですね。
在宅翻訳アカデミーのローンチを担当した株式会社REGOLITH、
およびさらに上の会社が絡んでいるのでしょう。

恐れていたことが起こりつつあります。
(浅野正憲氏と似たような人物が出てきて、翻訳業界が荒らされること)

というか、
在宅翻訳アカデミーの一件で、
明らかに味をしめてますよね。
(ローンチ会社もそうだし、演者である講師側も「おっ、こんなに儲かるなら俺/私もやろうかな?別に捕まらないしw」というノリ)

上記に限らず、これから様々な分野で類似の翻訳講座が出てきそうな予感がするんですが、
翻訳者の方、
仕事がないなら詐欺まがいの翻訳講座などせず、
静かに辞めてください。
(翻訳会社や既存の翻訳者に迷惑です)

WHAT'S NEW?