Photo Gallery

OpenAIが開発した文章生成AI「GPT-3」の仕組みや、その応用例について、
数式なしでわかりやすく説明してくださっている良記事なので、
ご紹介いたします。

次なるAIのブレークスルーは言語分野で起きる
https://www.dhbr.net/articles/-/7225

>別の人物がつくったアプリは、意図的に難易度を高くした医学上の問いに正しく回答し、根底にある生物学的メカニズムを論じることができる。
>具体的には、そのアプリに10歳の男の子の呼吸器に関する症状を示し、その子どもが閉塞性呼吸器疾患と診断されて、投薬治療を受けたという情報を与えた。そのうえで、「治療に使われた薬品はどの受容体に作用する可能性が高いと思うか」という問いに答えさせた。
>すると、プログラムはこの問いに対して正しい回答を導き出し、その子どもが喘息を患っていて、一般的にはその受容体に作用する気管支拡張薬で治療されることを指摘できた。

これすごいな……
てか、もう怖いレベルですね……

>このように、文章作成、コーディング、サイエンスの領域にまたがって一般的推論を行う能力があることを考えると、このテクノロジーはジャンルを超えて、マネジメント、データサイエンス、物理学、生命科学など幅広い領域で活用できる可能性がある。

そのうち世の中がGPT-3が書いた文章だらけになって、
人類が乗っ取られちゃうんじゃないか
と思っちゃいますね。。

WHAT'S NEW?