Words come to life

0 Comments
ローズ三浦
翻訳をしていると、文章の間にシュッと意識が入る時がある。
まさに“言葉との戯れ”といった感じ。
その時はすごい集中状態なので、メールに気付かないどころか、
やかんが沸いていても気が付かない。(筆者はそれでやかん3個ダメにしましたwww)

翻訳者であれば、感じることがあると思う。
言葉に生命が宿るという感覚を。

そのため、Web上でカッコイイ言葉やフレーズを発見して、部分的に挿入したとしても、
そこだけ文章が死んでしまう

それは“自分の言葉”になってないから。

文芸とかは特にそうだと思う。
(産業翻訳は定型の言い回しが決まっていたりするので、その時はそちらに従う)

優れた表現を数多く目にし、消化して自分の言葉にすることが、翻訳上達への近道かもしれない。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply