「現代の魔法使い」落合陽一氏が行う、新しい"子育て"方法

『現代の魔法使い・落合陽一が2台の「ロボホン」に子育てを手伝わせるワケ』
http://wpb.shueisha.co.jp/2017/07/01/87247/

落合氏によると、

自分じゃない他人同士がコミュニケーションしている状態をビジュアルで判別して、三人称視点という概念を獲得した瞬間に、「この単語たちを覚えなさい」という遺伝子チューナーが入る

とのこと。

他人同士が会話するのを見て、言語だけじゃなく「会話する」という概念も獲得するんじゃないの?
こういう点から見ても、両親の仲が悪いと子供の教育に悪そうだな。
これ、翻訳のAIの学習にも応用できそうな感じがする。

なんか、未来を感じるわ。
これから生まれる子供は、生まれた時から周りにロボットがいる状況が当たり前になっていくんだろうな。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply