鶏口となるも牛後となるなかれ?

翻訳会社からの評価にバラツキがありすぎな件。

大絶賛されるかと思えば、トライアル自体落とされたり。

翻訳会社によっては、案件の難易度・レートの高さなどから、
おそらくその会社内ではトップレベルの案件が回ってきてる(いわゆる“スターメンバー”)と予想されることもある。

まあ、別に私が特にスゴいわけではなく、
「他に医療分野の翻訳ができる人があんまりいないから、頼まざるを得ない(未経験者にやらせるよりはマシ)」という
超消極的な理由だろうけどw

就活でよくある、「大企業の末端」 vs 「中小企業のトップ」論争みたいな。

まあ、一番いいのは「大企業のトップ」だよね。

もちろん、筆者は“鶏口”で満足する気はないです。

しかし、まず小さな世界でトップになれないのであれば、
大きな世界でトップになるのは統計的に考えてムリだと思う
ので、
この調子でコツコツ評判やレベルを上げていこうと思っています。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply